【悩み別に選べる】美容師おすすめアミノ酸シャンプー【厳選9商品】

こんにちは美容師おりくまです。

美容師という仕事柄、色々なメーカーのシャンプーを使ってきました。

美容室専売シャンプー

この記事では「頭皮&髪質に合わせた最適なシャンプー選び」についてまとめました。

参考にしてくださいね。

【悩み別に選べる】美容師おすすめアミノ酸シャンプー【厳選9商品】

美容師厳選⇒「髪質・頭皮環境別」に最適なシャンプーを使ってもらいたいから

シャンプーを間違うことで頭皮トラブルを招くこともあるんです。

例えばフケ症にも「乾性フケ」と「脂性フケ」があります。

乾性フケの頭皮に必要な対策は「潤い」です。以前記事にしました。

【美容師監修】頭皮から白いカスが出て困ります⇒原因&対策

【美容師監修】頭皮から白いカスが出て困ります⇒原因&対策

2021年5月22日
乾性フケ症の特徴
  • 頭皮が乾燥している
  • 細かいサラサラしたフケ症である
  • フケの色は白い
  • 若い女性に多い

一方脂性フケとは頭皮のコンディションが乱れることで皮脂が過剰に分泌され生じるフケのことです。

脂性フケの特徴
  • ベトベトした塊り(かたまり)状態のフケ
  • フケの色は黄色っぽい
  • 若い男性に多い

この2つで使うべきシャンプーはまったく異なるのに適当に商品が売られていることも多い。

そこでこの記事では頭皮環境別に厳選したのであなたのコンディションに近いものを参考にしてください。

乾燥肌・敏感肌・薄毛女性も使いたいアミノ酸シャンプー

カラーリングしていないのに年齢とともに髪の毛がパサパサするようになって…
シャンプーすると頭皮がつっぱるし、にすぐにムズムズかゆくなるの

こういうお悩みはもちろん、「頭皮に白いカスが出る」「サラサラした細かい白いフケが止まらない」など「乾性フケ」の場合も

  • 「mogans」
  • 「マイナチュレスキャルプシャンプー」

など頭皮環境を整えることを重視したシャンプーを選びましょう。

mogansシャンプー

ノンシリコンアミノ酸シャンプーです。

頭皮トラブルにお悩みの人でも安心なTEA・パラベン・香料フリーで天然植物由来のアミノ酸シャンプーです。

無添加
アルコール、石油由来成分、動物性原料、ラウリル硫酸Na、DEA、MEA、TEA、 シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、パラベン

ノンシリコンでシリコーン特有のスベスベ感はありません。

おりくま
髪の毛を芯から潤わせてくれるのがコンディショナーをつけた瞬間にその手触りで実感できます。私の短髪ショートでさえ実感できました。

セミロングの妻にも利用してもらいましたが髪の毛が保湿されてしっとり重くなるそんな表現がぴったりのシャンプーですね。

コンディショナーにもケラチンというハリを出す成分やヒアルロン酸やパンテノールなど保湿成分も含まれているからカラーリングしている髪の毛にも潤いを取り戻せます。


実際利用したトライアルキットがコチラ。

このサイズ感ですが泡立ちが良いのでセミロングの妻ですが1週間くらい使えました。

合成香料が配合されていないので甘い香りなどはないのですが天然アロマの自然でやわらかい香り。

香りが強くないので強い匂いが苦手な女性でも使いやすそうです。

一方甘い香りが好きな女性には少し物足りないかも知れませんね。

\ トライアルキットで違いを実感 /


マイナチュレスカルプシャンプー

敏感肌ヘアケア市場2019年間売上第一位(※2020年1月調べ・tpcマーケティングリサーチ(株))の人気商品です。

累計200万本突破の40代前後の女性に特に支持されているのがマイナチュレ・シャンプーです。

女性の薄毛の主たる原因は頭皮環境の乱れと言われています。

かゆみ、抜け毛につながりやすい頭皮環境の乱れを優しく整えます。

マイナチュレシャンプーの特徴
  1. 無添加商品で敏感肌OK
  2. ナノサイズのヒアルロン酸配合で「頭皮の角質層」まで浸透保湿するから潤い長持ち
  3. 優しく頭皮を洗浄する厳選したアミノ酸系成分
  4. ドライヤーの熱で髪の内側から補修する成分配合
  5. 医薬部外品の有効成分として活躍する成分を配合するため、頭皮トラブル防止

保湿力が高い商品なので「頭皮が乾燥して白いフケが出る」「頭皮から白いカスがでる」とお悩みの場合もおk。

公式サイトの口コミを一部引用します。


マイナチュレ・シャンプー公式サイトより

妊娠・出産など大事なライフイベントに安心して使える商品開発がコンセプトの会社です。

商品作りにそれが垣間見れます。

9つのフリー=無添加へのこだわり

シリコン・着色色・パラベン・合成ポリマー・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・タール系色素・合成香料・サルフェートフリー

さらにパッチテスト・スティンギングテスト等も実施ているので安心できる商品です。

どんなテスト?

パッチテストは接触性皮膚障害が起きないか確かめるテストです。アレルギーによるカブレなどを調べるもの。スティンギングテストとは「敏感肌」の方が利用した時に刺激を感じないか調べるものです。

無添加へのこだわり、各種テストを実施して多くの敏感肌で悩む女性が安心して使えるよう真剣に取り組んでいるシャンプー。

公式サイトは30日間全額返金保証制度があります。

マイナチュレシャンプー1回目2回目以降
1本単品4446円4446円
定期コース2980円3172円

税込み・送料込み

※定期コースはいつでも解約可能。お届け日・お届け周期も自由に設定可能

\ 公式サイトは30日間全額返金保証付き/

実際の使用感を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【美容師解説】40代薄毛に悩む女性が使うならマイナチュレスカルプシャンプー


カラー・パーマヘア用アミノ酸シャンプー

頭皮トラブルを感じているならこれまで紹介したシャンプーが最適です。

頭皮は問題ないものの「カラーやパーマを髪の毛のダメージが気になる」そんな方は

  • 「アプルセルシャンプープレミアム」
  • 「プロ&プロシャンプー」
  • 「R21シャンプー」

などが最適です。

アプルセルシャンプープレミアム

カラーやパーマで痛んだ髪の毛がツルツルになりますしエイジングケアにも対応したシャンプーです。

泡立ちも良く優しい香りにつつまれます。

「洗っている最中から・・・あれ?髪の毛潤ってる」とすぐ良さが実感できるそんなシャンプーですね。

成分の特徴

キトフィルムが髪の毛のキューティクルをラップするから「ドライヤーや紫外線」から髪の毛を守ります。もちろん手触りもサラサラになります。

天然成分由来なので通気・通水性があるタイプで髪のパサツキを悪化させることがありません。

ぺリセアという1分程度で髪の毛内部に浸透する補修成分ヒアルロン酸より保湿効果が高いリピジュアも配合されています。

アスタキサンチン・ザクロ・ルチン配合でエイジングケアも◎

シャンプーボトルも特徴的な上げ底でシャンプー・トリートメントの成分酸化を防ぐこだわり。

私のサロンでも販売しているシャンプーですが値段は安くないのですがほぼリピートして下さるお客様が多いんです。

使えば良さを分かってもらえるそんなシャンプーですね。

created by Rinker
サニープレイス
¥3,258 (2021/09/16 15:50:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
サニープレイス
¥4,461 (2021/09/16 14:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

プロアンドプロシャンプー

補修力抜群のシャンプーです。

例えば毎月1回カラーリングしている女性や、ブリーチや縮毛矯正で痛んだ髪の毛に使いたいシャンプーですね。

ヘアカラーするのは綺麗になるためなのにダメージが蓄積してパサパサな髪の毛になってしまうと綺麗さ半減。

ハイダメージな髪の毛はシャンプー中の摩擦も厳禁です。このシャンプーなら指どおり滑らかに洗えます。

特徴

ブリーチや縮毛矯正で髪の毛がクタクタになるのは「髪の毛のタンパク質」が破壊され流出するからです。

プロアンドプロシャンプーは高分子&低分子ケラチンが配合されていてこれを補修します。

セラミドやビタミンが配合されているので、髪の内分から補修して髪の毛が失った保水力を高めます。

created by Rinker
パシフィックプロダクツ
¥2,358 (2021/09/16 15:50:16時点 Amazon調べ-詳細)

サンコールR21シャンプー&トリートメント

カラーの色持ちがもっと良ければいいのに・・・パーマがすぐ取れてしまうわ・・・

カラーやパーマの持ちを良くするシャンプーがR21シリーズです。

このシャンプーには、ヘマチンという成分が入っています。

ヘマチンは、髪の毛に残留するアルカリを穏やかに中和したり、パーマのSS結合を手助けする役割があります。

アルカリが残留って?
カラー剤には「アルカリ剤」というものが入っています。黒い髪の毛を明るくするには必須なのですが、髪の毛や頭皮に残りやすいんです。これを中和することで「色落ち」「将来の抜け毛」を予防することができます。
ss結合って?
SS結合とは、パーマのカールを留めておくための髪の毛の結合のことです。結合を手助けすればパーマがとれにくくなります。

お客様の感想や、私の使用感からすると、

  • 仕上がり感が重くなく、フンワリ

仕上がります。

難点は泡立ちが悪い点ですね。

無香料です。

※無香料というのは「香りが無い」訳ではなく合成香料を配合していませんということです。

香りもちょっと独特です。

カラー&パーマのためと割り切るならいいシャンプーです。

脂性肌用アミノ酸シャンプー

ベトベトした大きな黄色い塊のフケに悩んでいる場合は

  1. 「KADASON」
  2. 「ミルボンバランシングスカルプシャンプー」
  3. 「コラージュフルフルネクストシャンプー」

などを使い「常在菌対策」を行いましょう。

KADASON

頭皮がベトベトしたり、固まった黄色いフケが出る時は脂漏性皮膚炎の可能性があります。

若い男性に多くみられる症状です。

このような症状が見られる場合

  • 乱れた頭皮環境を整えること
  • 炎症を抑えフケの原因菌(=常在菌)の増殖を抑えること

が必要になります。

フケの原因となる菌を抑制する有効成分が配合されていない場合症状を悪化させる恐れがあります。

脂性フケの症状が見られる場合は脂性フケ専用のシャンプーを使いましょう。

【参考】常在菌とは?

頭皮や髪の毛は外部からのダメージを防ぐため、皮表膜と呼ばれるもので守られています。

皮表膜は、頭皮から出る汗、皮脂からできていますが、この二つは水と油なので交じり合うことができません。

いわゆる乳液状態にする必要があります。

そこで活躍するのが

  • 頭皮に存在する常在菌

です。(表皮白色ブドウ球菌、にきび桿菌、マラセチア類と呼ばれています。)

これらはリパーゼという酵素をだして水と油を馴染ませてくれます。

この汗と皮脂が交わってできる乳液上のものが皮表膜と呼ばれ、

  • 表皮の角質剥がれの防止
  • 水分の蒸発防止
  • 毛髪表面に吸着し、しなやかさ、ツヤを与える

といった役割を担っています。

マラセチアなどの常在菌は、汗の水分、皮脂、脱落した角質を食べて生きています。主にマラセチアが頭皮環境の乱れにより異常に繁殖すると頭皮炎症を起こしてしまいます。これが脂性フケの原因!

つまり脂性フケ対策はマラセチアの餌を減らすために頭皮環境を整えたり、場合によってはこの菌の増殖を抑えることが必要になります。

カダソンは皮膚科専門医が監修して作られた「フケ・カユミ」に特化したシャンプーです。

グリチルリチン酸ジカリウム・サリチル酸という2種の抗炎症・抗菌成分が入っているのでフケの原因菌にアプローチし鎮めてくれます。

脂漏性皮膚炎という頭皮炎症のために開発されたシャンプーですので安心してお使い下さい。

トリートメントもオイルフリーで今より悪化させる心配がありません。

※もしトリートメントに油分が多いとフケ症の原因菌であるマラセチア菌の餌となり悪化する場合がありますので可能ならトリートメントも一緒に変えましょう。

皮膚のターンオーバー(皮膚が生まれ変わるまで)はだいたい28日間といわれています。フケ症はこれが乱れている状態。

つまり最低でも1ヶ月、出来れば2ヶ月くらい使うことで頭皮環境も整うでしょう。

\ ベタベタする頭皮に最適 /

ミルボンプラーミア「バランシングスカルプソープ」

プラーミアバランシングスカルプソープ


ピロクトンオラミンという有効成分が配合されています。この成分は常在菌の増殖を抑える作用があります。

※ピロクトンオラミンは、オクトピロックスと呼ばれる場合もあります。

脂性フケ症に悩む女性(特にミディアム・ロングヘア)におすすめのシャンプーです。

KADASONと比べてコチラのシャンプーはエイジングケアラインですので髪の毛のパサツキなどのケアも同時に行えます。

※もし乾燥肌でベタベタしていないサラサラフケに悩んでいる場合は「敏感肌で紹介したシャンプー」から選んでください。

コラージュフルフルネクストシャンプー

日本ではじめて、フケ・かゆみを抑える有効成分ミコナゾール硝酸塩を配合したシャンプーです。こちらも抗菌作用のあるシャンプーです。

個人的にはKADASONかプラーミアバランシングスカルプソープで対応できるかと思います。頭皮との相性もあるので効果が出ないときはこちらも視野に入れてください。

美容師おすすめアミノ酸シャンプーは市販品と何が違うの?

市販品と私がセレクトしたアミノ酸シャンプーの違いは界面活性剤です。

界面活性剤とは?
界面活性剤とは、髪の毛や頭皮についている脂汚れがお湯で流れるようにする役目をするもの。

例えばフライパンの油汚れはお湯だけで綺麗にできないませんよね

髪の毛の油汚れ(皮脂とか)も同じなんです

食器洗いに洗剤を使うようにシャンプーにも界面活性剤を混ぜてお湯で洗いながす必要があります。

シャンプーに使われる界面活性剤の種類によって高級アルコール系シャンプーとかアミノ酸シャンプーなどと分類されます。

これが市販のシャンプー(高級アルコール系と呼ばれます)とアミノ酸シャンプーの違いです。

  • シャンプーの刺激
  • 洗い上がりの質感

に大きな影響を与える重要な成分です。

アミノ酸系シャンプーで使われる主な洗浄成分は3つのカテゴリーに分けられます。

アミノ酸シャンプーに使われている主な成分
  1. アミノ酸系
  2. タウリン系
  3. タンパク質由来系

それぞれ見ていきましょう。

アミノ酸由来の成分

髪の毛に含まれるアミノ酸は18種類あります。

【参考】髪の毛に含まれるアミノ酸

アラニングリシン・イソロイシン・ロイシン・バリン・トレオニン・セリン・フェニルアラニン・チロシン・プロリン・トリプトファン・メチオニン・2分の1シスチン・アルギニン・リジン・ヒスチジン・アスパラギンン酸・グルタミン酸

髪の毛に含まれるアミノ酸が複数つながりタンパク質となり髪の毛を作っています。

この髪の毛に含まれるアミノ酸の中でもグルタミン酸・アラニン・グリシンそれぞれが由来となり作られた洗浄成分をご紹介します。

グルタミン酸由来の成分
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ラウロイルグルタミン酸ナトリウム

洗浄力・泡立ちが弱い反面髪の毛や頭皮に低刺激です。

アラニン由来の成分
  • ココイルメチルアラニンナトリウム
  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム

適度な洗浄力・脱脂力があるので仕上がりに潤いも残ります。

グリシン由来の成分
  • ココイルサルコシンナトリウム
  • ラウロイルサルコシンナトリウム

適度な洗浄作用と静菌効果もある洗浄成分です。

タウリン系の成分

アミノ酸由来の界面活性剤は刺激が少ない分洗浄力に劣ります。

そのため洗浄力を補うためにアミノ酸系に配合されている成分がタウリン系です。

タウリン系の成分
  • ココイルメチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルメチルタウンリナトリウム

頭皮や髪の毛に優しく低刺激で洗浄力に優れています。

これらの組み合わせてアミノ酸シャンプーは作られています。

タンパク質由来のタウリン

最後にタンパク質由来の洗浄成分を紹介します。

髪の毛はアミノ酸が含まれていて、それが複数つながることで髪の毛のタンパク質を形づくっていると説明しました。

このタンパク質の一つであるコラーゲンを由来とした洗浄成分が

  • ココイル加水分解コラーゲンナトリウム

です。

アミノ酸が複数くっつくとタンパク質になりますが、このタンパク質を加水分解することで得られるのがポリペプチドと呼ばれるもの。

アミノ酸の塊みたいなものです。

このポリペプチドから作られた洗浄成分です。

アミノ酸由来同様に髪の毛や頭皮と親和性が高いだけでなくコラーゲン由来なので髪の毛に潤いを与えながら洗浄できるなど、髪の毛のコンディションを同時に高める効果も期待できます。

ただし原料が高価なのであまりみかけません。

厳選したアミノ酸シャンプーを使うメリット⇒髪や頭皮に優しいこと

頭皮や髪の毛が健康な状態のペーハーはPH4.5から5.5です。

アミノ酸シャンプーは弱酸性にPH調整されているので弱酸性下で優れた洗浄力を発揮できます。

頭皮が弱酸性に保たれると潤い成分が分泌されて髪の毛や頭皮を乾燥から守ることができます。

デメリットは洗浄力が弱く・泡立ち・泡切れが悪いこと

アミノ酸シャンプーは刺激が少ない反面、洗浄力は弱く、泡立ち、泡切れは悪い傾向があります。

ただし各社タウリン系の洗浄成分を混ぜたりするなどして調整されているので特に問題ないでしょう。

以前美容師お勧めのシャンプーを使ったけど頭皮にあわなかったみたいで・・・

アミノ酸シャンプーに含まれる成分に反応してカユミを及ぼす場合があります。

アレルギーの原因となる代表的なものは以下の通り。

トリエタノールアミンアレルギー

アミノ酸シャンプーは【泡立ちが悪い】というデメリットがありました。

それを補うために

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルアラニンTEA

と言った形で「トリエタノールアミン」という物質を配合することがあります

トリエタノールアミンアレルギーの場合これが原因でかゆみを誘発する場合があります。

パラベンアレルギー

ほとんどのシャンプーには安全に長く使うためにパラベン等防腐剤が配合されています。

ごく少量の配合です。

防腐剤の中でもパラベンは比較的安全なので化粧品以外にも医薬品や食品にも使われるほど。

しかし中にはパラベンによるアレルギー症状を起きる人もいらっしゃいます。

香料

香料のほとんどは石油由来の合成化学物質であるためこれが原因でかゆみなどの症状が生じる場合があります。

これまでアミノ酸シャンプーでも頭皮に痒みを起こしたことがあるあなたは「TEAフリー・香料フリー・パラベンフリー」のシャンプーを選びましょう

シリコン入りのシャンプーがあるけど大丈夫なの?

悩む女性
シリコンは髪に良くないと聞いたんだけど大丈夫なのかな?

従来シャンプー剤はシャンプー中に髪の摩擦を軽減するためシリコンを入れていました。

特に、高級アルコール系や石鹸系は、優れた洗浄力のために「髪の毛や頭皮から油分」が失われてしまいます。

その結果

  • シャンプー中の手触りが悪くなる=品質が悪いイメージ
  • 髪の毛がキシむためシャンプー中やリンス中に摩擦で髪の毛が損傷しやすい

ということが起こりました。

そこでシリコンを入れてシャンプーイング中の毛髪ダメージ軽減、手触り向上のためにシリコンを配合しました。

時代とともに、シリコンの悪評が立つようになりました。例えば

  • シリコンは頭皮につまって害のあるものだ。
  • カラーやパーマの妨げになるものだ。

という誤った認識が広まりました。

その結果、ノンシリコンブームになったようです。

しかしシリコンは頭皮につまりません。網目状の構造のため隙間が開いておりそういった心配は無いのです。

シリコンはブラッシングによる髪摩擦を軽減する効果があります。

シリコンなしできしんだ髪の毛を無理やりくしでとかす方がよっぽど悪影響です。

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドですので、基本的にシリコンを入れる必要がありません。

アミノ酸シャンプーはノンシリコンを選べば良いってことだね。
トリートメントは髪のダメージによっては、シリコン入りも視野に入れて選びましょう。

アミノ酸シャンプーに変えたことによる頭皮環境の変化

頭皮の皮脂量が急激に増えたり減ったりすることで頭皮にかゆみを生じることがあります。

シャンプーを変えていなくても季節の変わり目、特に夏から秋にかけては頭皮の皮脂量が大きく変化するため頭皮のかゆみを訴えるお客様も少なくないんですよ。

紫外線の蓄積で抜け毛が増えるなんてことも。

さてお使いのシャンプーを変えるとこれと同じことが起きます。

これまで洗浄力が強いシャンプーをお使いだった場合、シャンプーにより取り去られるため皮脂の再分泌が盛んでした。

しかしアミノ酸シャンプーに変えると洗浄力がマイルドになり皮脂の分泌が抑えられます。

このような皮脂の分泌量の変化が頭皮にかゆみをもたらす場合があります。

だいたい一ヶ月くらいすると慣れてくることもあるので1ヶ月程度は経過を観察すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA