【短い髪の毛が抜ける】ヘアサイクルの乱れが原因⇒対処法あり

こんにちは1人美容室を経営している美容師おりくまです。

薄毛に悩む女性
40代を過ぎた頃から髪の毛が細くなって。短い髪の毛が頻繁に抜けるようになっている気がするんだけどどうしてかな?

ヘアサイクルの乱れが原因です。

まずはヘアサイクルとは何か?そのあたりから解説していきましょう。

【短い髪の毛が抜ける】ヘアサイクルの乱れが原因⇒対処法あり

短い髪の毛が抜ける原因

髪の毛には成長サイクルがあります。

これをヘアサイクルと呼びます。

  1. 成長期(2~6年)
  2. 退行期(1~2週間)
  3. 休止期(3~4ヶ月)

女性の場合成長期は一般的に4~6年です。

4年から6年は抜けずに伸びるということです。

このヘアサイクルが正常な間は髪の毛は太く長く伸びるため問題ありません。

ところが「ヘアサイクルが乱れる」と髪の毛は長く太く成長できなくなります。

これが「短いままで髪の毛が抜ける原因」です。

 


男性型脱毛症をAGAと呼びますがこれは女性にも起こりえることで同じメカニズムです。女性の場合FAGAと呼び主に40歳を過ぎたころから目立ち始めます。

FAGAになると成長期が4年どころから短いと数ヶ月で退行期に移ってしまい抜けてしまいます。

髪の毛が短いままに抜け、やがてボリュームがなくなり地肌が見えやすくなります。

【参考】退行期と休止期とは?

今生えている髪の毛の成長が止まると退行期と呼ばれる期間になります。

毛が抜け落ちるまでの準備期間で「毛包と呼ばれる部分が浅く」なります。これは1~2週間続くとされます。

その後髪の毛は休止期(3~4ヶ月)を経て自然に抜け落ちます。

抜け落ちても浅くなった毛包の下に新たな毛母(髪の毛のもと)が生まれ毛包が伸長して髪の毛が新たに生まれ同じ毛穴から成長します。

なぜ40代過ぎの女性にFAGAが発症するのか

FAGAの原因は「ホルモンバランスの変化」です。

以下引用した記事にもありますように女性は40代半ばからホルモンバランスが変化し「エストロゲン」の分泌が減少します。

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。
年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれる人もいます。

更年期ラボより引用

エストロゲンは「髪の毛の成長」ととても密接な関係があります。

産後抜け毛とエストロゲン

産後に抜け毛が増えるのは女性ホルモンと密接な関係があります。

女性ホルモンは髪の毛の成長期間をより長くすることで抜け毛を減らす作用があります。

妊娠中や出産真近になると女性ホルモンの分泌が増えるため妊娠時は抜け毛が極端に減るんです。

出産後はホルモン状態が元に戻ります。

すると抜けずに伸び続けていた髪の毛がいっきに脱毛します。

この脱毛期間は一般に分娩後「2~5ヵ月頃」から始まって「2~6ヶ月持続」しますが落ち着きます。

産後抜け毛は一定期間が経てば元に戻りますが更年期の場合エストロゲンは減少して元には戻らないため相対的に男性ホルモン(アンドロゲン)が優位になります。

※女性も元々少量のアンドロゲンを有しているため。

そのため女性も40代半ばから50代半ばにかけてFAGAを発症しやすい状態になります。

女性男性型脱毛症の特徴と作用

FAGAとは女性男性型脱毛症の略です。

男性の場合生え際がM字に後退することが多いです。

女性の場合は短いまま髪の毛が抜けたり「毛が細くなり生え際から頭頂部の髪の毛がまばらで密度が低くなる」ことが多いです。

男性型脱毛症と仕組みは同じです。

FAGAの仕組み

男性ホルモン(テストステロン=黒丸)と毛包内にある5αリラクターゼ酵素(=灰丸)が毛乳頭で出会うと「ジヒドロテストステロン(DHT)=赤星」という物質(男性ホルモン様物質)が生成されます。


DHTは毛乳頭にある男性ホルモン受容体(レセプター)と結合しやすい物質です。

レセプターというのは鍵穴みたいなもの。

この作用によってTGB-β1というマイナスに働く成長因子が産出されて毛母細胞のレセプターに作用すると「毛の成長期を短縮しなさい」という指令が出されます。

それによって髪の毛が満足に成長できなくなり、毛が細く軟らかくなり、短くしか成長できなくなります。

短い髪の毛が抜ける場合の対処法

そこでおすすめしたい対処法は以下の通りです。

  1. 5αリラクターゼが産まれにくい生活習慣でDHT生成を減らすこと
  2. ホルモンバランスが乱れない生活習慣を心がけること
  3. 髪の毛が強く育つ食生活に気をつけること
  4. 頭皮環境の乱れに注意すること

これらを通して髪の毛の成長期を正常サイクルに戻してあげるサポートを行うことが大事です。

食生活

5αリラクターゼを抑制するには「亜鉛」「イソフラボン」が良いといわれています。

亜鉛は納豆や牛肉などで手軽に取れるのでバランスの取れ食事を心がけましょう。

イソフラボンは「植物性エストロゲン」と言われ「女性ホルモンに近い働き」をすると言われています。

抜け毛に悩む女性におすすめできる成分です。

イソフラボンの過剰摂取って大丈夫なの?
女性の体内には「エストロゲン受容体」というものがあって、エストロゲンが受容体にはまって作用します。エストロゲンがたっぷりある状態でイソフラボンを取りすぎると受容体には限りがあるので、本来作用するべきエストロゲンが作用できなくなることも。イソフラボンの作用はエストロゲンの1/400程度と言われているからエストロゲンが減少している場面などには有効的です。それ以外は過剰摂取には注意して下さい。

髪の毛はタンパク質です!植物性タンパク質だと大豆もいいです。

大豆はイソフラボンも取れます。お肉やお魚も。髪の毛には植物性の方が良いといわれています。

その他ビタミン、ミネラルなども髪の毛には必須な栄養素です。

バランスの取れた食生活は大事ですね。

頭皮環境を整える

短い髪の毛がたくさん抜けるのは頭皮環境が乱れているサインです。

そこで頭皮環境を整えましょう。

頭皮環境の乱れとは

  • 皮脂が多すぎる状態
  • 潤いが足りない状態

です。

頭皮と相性の悪いシャンプーを使うと頭皮環境を悪化させます。

例えば、脱脂力が強いシャンプーは、頭皮の脂をしっかりと落とす効果がある一方で頭皮への刺激が強くかえって頭皮環境を乱す場合があります。

ヘアサイクルの乱れを整えるシャンプーを使いましょう。

マイナチュレシャンプーを使ってみた

睡眠不足がホルモンバランスの乱れを引き起こすとも

ストレスによってエストロゲンに乱れが生じ抜け毛を進行させかねません。

また睡眠不足もホルモンバランスの分泌を低下させるのでしっかりと睡眠をとりましょう。

育毛剤を使う

短い髪の毛を太く長く成長させる育毛剤を利用するのも1つです。

マイナチュレの育毛剤を使ってみた!

【脱薄毛革命】40代女性が使いたい育毛剤ランキング【美容師が厳選しました】

2020年11月28日

頭皮のマッサージを行う

地肌は他の組織と違い自ら運動することができない皮膚です。

血流量が増えれば毛乳頭細胞へたっぷりと栄養を与えることが可能になり髪の発育を手助けします。

特に地肌が凝り固まっている女性は意識して頭皮をマッサージすることで地肌の血流量を増やしましょう。

育毛剤使用後に行うとより効果的です。

マッサージのポイントは

  • 側頭部から頭頂部へ
  • 地肌をこすらないこと

です。

側頭部から頭頂部へのマッサージ
  • 左右の耳の上に掌を押し当てるようにおきます。(指先は天井)
  • 斜め上方に向かって側頭部から頭頂部へ血流を促すように円を描いてマッサージ
地肌をこすらずマッサージ

頭頂部の気になる部分をマッサージするのも効果的ですが、その際産毛をこすらないよう注意してください。

産毛は非常に抜けやすいため、指先を地肌にしっかりと固定し、頭皮全体を動かすようにマッサージすることが大切です。

薄毛が気になる場合の対策

短い髪の毛が多数抜けることで薄毛が気になる場合の対処法を最後にまとめました。

薄毛が目立ちにくい髪型の選び方

最後の対策は髪型です。

実は髪型によって極端に薄毛に見える場合があります。

特に頭頂部の髪の毛が薄い状態でワンレングスやロングヘアーの場合などは目立ってしまいます。

薄毛を目だ立てせなくする髪型は頭頂部が短い髪型です。

例えば

  • ショートレイヤー
  • ショートカット
  • レイヤーボブ
  • ウルフカット

など。

薄毛が目立たない髪型の条件と美容院でのオーダー法についてはケース毎に写真を交えてこちらで解説しています。

>>>【40代薄毛女性必見】目立たない髪型の条件&美容院でのオーダー法<<<

パーマをかけた髪型も薄毛を目立たせなくする

パーマをかけた髪型もおすすめします。

ただし強いパーマは薄い地肌を露呈させやすいので「ゆるめ」をオーダーしましょう。

ゆるめってどのくらい?どんな種類のパーマを選べばいい?詳細は以下の記事をご覧下さい。

>>>40代女性で薄毛⇒パーマをかけた髪型はあり?なし?美容師がアドバイス<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【美容師・管理美容師】 美容師歴は10年以上。ワンオペ美容室を経営。美容師になる前は就職支援業務の企画営業・運営経験あり。 【ブログのコンセプト】 ☆美容師がより豊かになるために役立つ情報を発信すること ☆出来る限り正しい情報を発信しあなたがより美しくなるための道しるべとなること ブログを通しより豊かになるお手伝いができれば幸いです。