美容師アシスタントの仕事が楽しくない⇒解決策あり

こんにちはおりくまです。

美容師アシスタントの仕事が楽しくない。同期は皆一生懸命で楽しそうに仕事している。私だは仕事にいくのも苦痛。どうしたら楽しく仕事できるのかな。

今回はこんな悩みをお持ちの美容師アシスタントさん向けの記事です。

美容師アシスタントの仕事が楽しくない⇒解決策あり

美容師アシスタントの仕事が楽しくないのはチャレンジしていないから

私がアシスタント時代に仕事にやりがいや楽しさを感じたのは「お客様に褒められた時」ですね。

最初からお客様にシャンプーを褒められた訳ではありません。

例えば毎回シャンプーで入客する度に気に入らない点を指摘してくるお客様もいました。

そのお客様に入るのは緊張しましたが「ある意味挑戦」でした。

今度こそ「気持ちよかったと言わせてやる」と流した方を日々改善したりしました。

美容師アシスタントの仕事が楽しいと感じる瞬間はチャレンジして評価されたときです。

お客様や上司からの指摘に対し自ら考えて改善していく。

それがお客様や上司に評価されたとき「やりがいや楽しさ」を感じることができます。

つまり挑戦⇒成功⇒楽しさ&やりがいを感じられるのであって、日々惰性で仕事をこなしていても楽しいと感じることは難しいでしょう。

美容が好きでなければ美容師アシスタントの仕事は楽しくなくて当たり前

もともと美容の仕事が好きでカラーリングやワインディングが好きで好きでたまらないという人は別としてなんとなく美容師になった人は全く楽しくないはずです。

しかも美容師アシスタントはスタイリスト(上司)の指示に従って仕事をするためアシスタントが独自に考えて仕事をすることも少ないでしょう。

主体的に行動することも少ないため楽しくないと感じるアシスタントさんも多いでしょう。

誰だって命令されたことをこなすだけで楽しいと感じるのは難しいですよね。

私は一人美容院を経営していますが「白とか黄色のワインディング何本も巻くの面倒だなぁ」とか「カラーリング流すの疲れるなぁ」とか思いますよ。

人間ですからね。

この仕事が楽しいから続けている訳ではありませんし、美容師の仕事が好きだから続けている訳でもありません。

もちろん嫌いではないので続けていますが。

何故美容師を続けているのかと言われれば家族を養うため&評価して下さるお客様を裏切りたくないからです。

仕事に楽しさは無くても良い

確かに仕事が楽しいに越したことはありません。

楽しければ毎日の出勤が苦痛になることもありませんし早く時間が過ぎないかなと考えることもないでしょう。

しかし働くことの第一の目的は「稼ぐこと」です。

「楽しむこと」ではありません。

お金を稼ぐためには「楽しくないこと」を受け入れなければいけません。

多くの社会人は仕事が楽しくなくても「家族のため」「子供のため」と嫌なことを我慢して働いています。

例えば明日食べるのに困っている状態なら仕事に楽しさなんて求めることなどできませんよね。

仕事があるだけ実は恵まれているんです。

美容師の仕事が楽しいか楽しくないかはあなた次第

これは人付き合いととても似ています。

「ひなた」があれば「ひかげ」があるようにどんな人にも「良い面」と「悪い面」があります。

仕事も同様です。

「楽しい面」があれば「辛い面」もあります。

例えば嫌いな人は「嫌な面」ばかりに目が行きがちです。

最初のきっかけが些細なことでも

  • 話し方がきにくわない
  • 髪型が気に食わない
  • ファッションが気に食わない
  • 目つきが気に食わない

と相手の嫌なところを探すかのようにどんどん「嫌い」な感情を補完するような情報ばかり探し始めます。

相手には良い面があるはずなのに「悪い面」ばかり探してしまいます。

美容師の仕事を嫌いと決めると「嫌いな面」ばかりに目がいきがちです。

美容師の仕事にも良い面があるはずです。

いったん気持ちをリセットして楽しい面は無いのか考えてみると良いかも知れません。

美容師が楽しくなるには時間がかかる

最初に述べたように挑戦し続けることで「やりがい」や「楽しさ」を感じる場面も増えるでしょう。

もしあなたがアシスタントならシャンプーでお客様に喜んでもらえるようにまずは必至に努力してみることです。

スタイリストなら「あなたじゃなきゃダメ」と言われるくらいお客様を喜ばせるよう努力することです。

美容師が楽しいと思えるようになるまでは「挑戦」が必要で、それなりに時間がかかるということです。

 

「ワインディング面倒だなぁ」とか「疲れたからトリートメント面倒だなぁ」と私も思う時がありますが手を抜かないのは「家族を養うため」と「お客様を喜ばせるため」です。

「楽しくなくても」お金のために頑張ってください。

そしてお客様に対して一生懸命になってみてください。

そうすれば「お客様がやりがい&楽しさ」を与えてくれるはずです。

それでもやっぱり無理という方は転職も視野にいれましょう。

美容師の転職の現実をこちらにまとめました。