【美容師から転職】男女8人の成功例から読み解くおすすめの職種&自己PR術

こんにちは美容師おりくまです。

私は1人美容院を経営していますが、美容師になる前に異業種で2度の転職を経験しています。

前職では転職支援事業にも携わりました

仕事には向き・不向きがあるのは事実です。若い時イメージだけで美容師を選んでしまい悩んでいる人もすくなくありません。

私自身のこれまでの経験と、元美容師8人のインタビューして見えた成功の秘訣をまとめました。

これをもとに美容師におすすめの職種と内定を得るために必要な自己PR術も考察します。

【美容師から転職】男女8人の成功例から読み解くおすすめの職種&自己PR術

美容師から転職を成功させるために一番大事なのは自分の強みを把握することです。

美容師の自己PRポイントはどこにあるのかまずはそこから把握しましょう。

美容師から転職する時アピールできる強みは6つ!

美容師はつぶしがきかないなんて言われますがそんなことはありません。

美容師から転職する際アピールできる強みは6つあります。

  • 接客力
  • コミュニケーションスキル
  • 忍耐力
  • 思考・提案力
  • 器用さ
  • 専門知識&技術

です。

この中で特に自信があることを根拠に職種を決めたり、転職に有利な自己PRを作りましょう。

接客力

美容師はお客様の「視線」や「態度」「表情」から気持ちを察する接客力が求められます。

  • 表情から不快な思いをしていないか
  • 態度からお急ぎではないのか
  • 視線から伝えたいことがあるのではないか

こんなことを意識して仕事をしていたなら接客力をアピールできます。

面接でPRするにはこんなエピソードを伝えればよいでしょう。

美容師の接客力の例
  • サロンに立っている時は目配り・気配り・心配りを大事にしていました。お客様が暑い・寒いなどで不愉快でないか心配りし、雑誌に飽きていないか気配りしたり、スタイリストの仕事がスムーズに進むように目配りし早めに準備を行うことに努めました。

コミュニケーションスキル

美容師の仕事は一人のお客様と長時間接する職業だからこそ「コミュニケーションスキル」が求められます。

「また来たい」とお客様に思ってもらうには「居心地の良い時間」を提供することがとても重要です。

コミュニケーションスキルを面接でPRするには以下ようなエピソードを伝えればよいです。

美容師のコミュニケーション力
  • 新規のお客様に入客する際にどのような点に配慮してカウンセリングしたか(コミュニケーションで注意したこと)
  • 年齢性別等お客様の属性によってどのように接客を工夫したか
  • 会話する際に気をつけていたこと(自分が話すよりお客様のお話を聞くことを大事にしていた等)
  • 電話応対で気をつけていたこと(常連の名前やメニューを暗記していた等)

忍耐力

忙しいサロンは昼食をとる時間が無かったり不規則になりがちです。

営業時間外でスタイリストになるためのレッスンも当たり前に行われますし手荒れに悩みながら続ける人も少なくありません。

美容師スタイリストになるまでは最低2年~3年の下積みが必要ですからスタイリストになるまで勤めた人は「忍耐力」が強みです。

忍耐力を面接でPRするには以下のようなエピソードが有効です。

美容師の忍耐力
  • スタイリストになるまで朝晩営業時間外にレッスンするのが当たり前でした。スタイリストという目標を達成するために3年努力し続けたので、御社での仕事は未経験の職種ですが粘り強く一日も早く仕事を覚え即戦力となれるよう努力します。

思考・提案力

どんな企業でも自ら考え行動することが求められます。

美容師の仕事はお客様の悩みや希望から「最適案を思考・提案」する仕事と言い換えられます。

例えばお客様との会話を通じて

  • 頭皮がかゆいとおっしゃっている⇒乾燥が原因かも⇒保湿系のシャンプーをすすめる
  • ボリュームがでないのが悩み⇒今のヘアスタイルを変える?パーマ?⇒カットやパーマを提案

このように「コミュニケーション」で悩みを聞き出し思考提案するのが美容師の仕事です。

これらを面接でPRするには・・・

美容師の思考・提案力
  • 接客する際大事にしていたのはできるだけ多くの解決策を考える提案することです。白髪が気になるお客様には「白髪を染める」以外に「おしゃれ染めで白髪をぼかす」「ホイルワークで白髪をデザインにする」など色々なパターンを提案し、お客様に一番喜んでもらえる提案を選んでもらうように努力していました。

器用さ

手先の器用さは転職先によっては自己PRに使うことが可能です。

専門知識&技術

美容師は国家資格ですので独占業務が与えられています。

美容師の定義をおさらいすると

 美容師は「美容を業とする者」をいい、美容師法に基づき厚生労働大臣の免許を得なければならない。
美容師の免許を持たないものは美容を業として行うことはできない。
美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環としてカッティングを行うことは美容の範囲に含まれる。

厚生労働省 美容師法概要より引用

このように美容を業として行うには「美容師免許」が必須です。例えばメイクを業として行うには美容師免許が本来必要ですしマツ毛パーマやマツ毛エクステも美容師免許が求められますよね。

美容を業とする業界へ転職する際は必須の資格ですし専門知識を持っている客観的な証拠になります。

美容師免許が活かせる「美容師以外」の仕事は3つあり

美容師の仕事は嫌だけど美容師免許は活かしたいという方もいると思います。

美容師以外の仕事で美容師免許が必須なのは

  1. アイリスト
  2. 美容師専門学校職員
  3. 育毛アドバイザー

などです。

美容師免許が必須ではないものの美容師の経験を活かせるという意味では

  1. 美容部員
  2. メイクアップアーティスト
  3. ウィックアドバイザー

なども考えられます。

【美容師免許】美容師以外に活かせる仕事は3つあり!

【美容師免許】美容師以外に活かせる仕事は3つあり!

2021年9月14日

美容師から転職するなら強みを発揮できる職種がおすすめ

転職で大事なのは「美容師で培ってきた職務能力(強み)」が転職先で活かせることです。

ここでは

  1. 営業職
  2. 事務職
  3. サービス業の職種

の4つを紹介します。

営業職

コミュニケーションスキルや接客力などの対人スキルや、思考・提案力に自信がある方におすすめの職種が営業職です。

美容師から営業職に転職した24歳女性・元美容師アシスタントのOさんの実例を紹介しましょう。

おりくま
美容師を辞めたのは入社してから何年目ですか?
Oさん
1年以上は勤めていましたが、2年目に入る前に辞めました。
おりくま
辞めたきっかけは?
Oさん
プライベートの時間がかなりないのと、あったとしても休みが友達と合わないから遊んだりできなくて。それが限界で辞めました。
おりくま
転職の際、志望動機とか自己PRはどのように伝えたんですか?
Oさん
「私は、目配り、心配り、気配りがモットーです。これは前職と学生時代のアルバイトで築きあげました。様々なお客様がいるなかで何を目的としてるのか心配りをし、スタッフの方が心地よくしごとできるよう気配りをし、変な待ち時間がないか目配りをしてきました。御社でも活かしていきたいです。」こんな感じです。

美容師の対人スキルを上手にPRしている例です。

次に美容師から法人営業に転職した元美容師アシスタントのKさん(39歳男性)です。

  • 美容師を辞めたのは何年目?

1年以上、2年未満でした。

  • 美容師を辞めたきっかけは?

拘束時間が長く、上下関係も厳しかったからです。

  • 自己PRはどのように伝えましたか?

人に関わる仕事をしてきたことや、サービスの大切さを理解し実践してきたこと、厳しい環境下で自分を磨いてきたことが自己PRでした。

対人スキルに加えて、忍耐力を上手にPRした例です。

事務職

コミュニケーションスキルや思考・提案力に自信がある方におすすめの職種は「事務職」です。

美容師から一般事務に転職した39歳女性・元美容師アシスタントのMさんの例から見てみましょう。

おりくま
Mさんは美容師アシスタント歴はどのくらいでしたか?
Mさん
3ヶ月未満です。
おりくま
辞めたきっかけは?
Mさん
手荒れが酷くなってしまって。
おりくま
3ヶ月未満の経歴で一般事務職への転職はハードル高そうですけどどうやって自己PRしたのですか?
Mさん
前職は3ヶ月と在籍期間は短かかったですが「お客様と会話する時に目を見る、ゆっくり話す」ことを学びました。これからは事務職として事務能力を高めていきたいです。

こんな感じで自己PRしました。

3ヶ月未満で辞めたことを素直に認めた上でコミュニケーションスキルをPRし、事務能力を高めていきたいと前向きな姿勢を伝えたのが良いですね。

手荒れはやむを得ない事情だし、それを転職先でも理解して受け入れてもらえたのかも知れません。

次は美容師から一般事務に転職した29歳女性・元美容師スタイリストのIさんです。

おりくま
Iさんはスタイリストで辞めたんですね。長年お勤めだったんですか?
Iさん
3年以上は勤めていました。
おりくま
辞めたきっかけは?
Iさん
まず労働時間が長いのと結婚を考えてた人は土日がお休みでした。

お休みが合わないと二人の時間が取れないし、将来結婚して子どものことも考えると結婚後も働きやすいお仕事に転職したいと考えました。

おりくま
どのようにアピールしたんですか?
Iさん
「美容師業界の知識・経験、接客を通して培ったコミュニケーション力を活かして電話対応や資料作成などの業務を速やかに習得し、事務の業務を通して貴社の成長をサポートしていきたいと考えています。」このように伝えました。

コミュニケーション力のPRと「速やかに習得し貴社の成長をサポートする。」前向きさがポイントですね。加えて3年以上勤めていたことで忍耐力(すぐに辞めない)という点も評価された可能性も高いです。

この他美容師アシスタントを3年以上続けたものの、接客業が好きになれず、手荒れも辛かったため、受付事務に転職したAさん。

「未経験ですが新しい分野で再スタートを切りたい」と熱意をアピールしたそうです。

Aさんも3年以上勤めあげた点も評価されたのでしょう。

このように美容師から事務職に転職する場合「コミュニケーション能力(電話応対や接客経験)」や「自ら考えていち早く即戦力として働く」という前向きな姿勢が大事です。

さらに長く勤めていた場合「忍耐力」も評価されます。

美容師から事務職に転職したい方は事務経験者との競争になるため最低限の知識やスキルを身に着けることが重要です。

詳細は以下の記事にまとめています。

【美容師から事務職】転職を成功させるポイント

【美容師から事務職へ転職】成功させるポイント

2021年8月5日

調理師・ホールスタッフ

  1. 接客が好きでコミュニケーションには自信がある
  2. 手先の器用さに自信がある
  3. 料理が好き

そんな方におすすめな職種は調理師やホールスタッフなどのサービス業です。

美容師からレストランに転職した50歳女性・元美容師スタイリストのNさんの例を紹介します。

おりくま
Nさんも長年美容師やっていたんですか?
Nさん
私も3年以上勤めていました。
おりくま
辞めたきっかけは?
Nさん
結構、忙しいお店で予約制でないために、お昼時にお客様が来ると、
うれしい反面、お昼抜きとかお昼が夕方になるとかでストレスがたまりました。

それに加えてお客様でヘアースタイルにうるさくて面倒なお客様の対応が嫌になり辞めました。

おりくま
レストランは異業種ですが経験はあったんですか?
Nさん
飲食関係は全く働いたことはなかったんです。

でも料理は得意だったのと、レストランなら接客の経験を活かせるなと考えました。

美容師でつちかった対人スキルを活かしつつ得意な料理を仕事にした好例です。

同じく好きなことを仕事にした元美容師アシスタントのSさんの例も見てみます。

Sさんは24歳男性で、ホテルのキッチンスタッフに転職しました。

  • 美容師を辞めたのは何年目ですか?

1年以上は頑張ったものの2年目を前に辞めました。

  • 美容師を辞めたきっかけは?

同期との差を感じて自分には才能がないと思い辞めました。

  • 志望動機&自己PRはどのように伝えましたか?

志望動機は「料理を作ることが大好きなのでキッチンで働きたいと思い志望しました。」ですね。

自己PRは「私は小さい時から料理をするのが好きでよく母のお手伝いをしていました。料理に対する思いなら誰にも負けません。」こんな感じです。

家具職人など技術職

接客より技術職が肌にあっている。

そんな方は器用さや忍耐力をアピールし家具職人など別の専門・技術職への道もあります。

実際に転職した32歳男性元美容師アシスタントのRさんの例です。

  • 美容師を辞めたのは何年目ですか?

1年以上2年未満ですね。

  • 美容師を辞めたきっかけは?

カラー、パーマ液、シャンプーの施術による手荒れの為に美容師を辞めました。

  • 自己PRはどのように伝えましたか?

美容師をしていたので手先は器用です。その器用さを生かして立派な家具職人になりたいとアピールしました。

アイリスト

美容師免許を活かしアイリストや美容部員、ディーラー等へ転職する人もすくなくありません。

 

より詳細な業界別の志望動機や自己PRの例文は以下の記事で解説しています。

【美容師から異業種へ転職】志望動機&自己PR【例文あり】

【美容師から転職】志望動機&自己PR【例文あり】

2021年8月31日

美容師から転職する際おすすめする業界

美容師から高収入な業界へ転職を目指すならメーカーや、建設・不動産・広告・メディアなどの業種がおすすめです。

 

業種分類

平均年収

メーカー

453万円

金融

448万円

総合商社

446万円

IT/通信

444万円

メディカル

426万円

建設/プラント/不動産

418万円

インターネット/広告/メディア

407万円

専門商社

406万円

サービス

369万円

小売り/外食

353万円

DODA 平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】業種別で見る平均年収の特徴は?より引用

美容品メーカーは美容師の専門知識を活かして転職できるのでケミカルに強い美容師などはチャレンジしてみる価値ありです。

広告・メディアで美容師から転職を目指すならホットペッパービューティーなど美容院やエステサロンなどを対象にしたメディアを持つ企業が狙い目です。

ただし条件がいい故に、未経験から転職するにはハードルが高いのも現実です。

美容師からの転職で高収入を狙える建設業

実際に異業種の建設業に転職した32歳男性・元美容師アシスタントのRさんの例を紹介します。

  • 美容師を辞めたのは何年目ですか?

2年以上は勤めていましたが、3年目を前に辞めました。

  • 美容師を辞めたきっかけは?

毎日とにかく不規則でしたし、昼ご飯もまともに食べられない、朝は早く帰りは深夜になる、この繰り返しで辞めようと思いました。

  • 自己PRはどのように伝えましたか?

元々忍耐強い方ですし人の嫌がるようなことでも楽しみを見つけて動けることをPRしました。

このように忍耐力を上手にPRして建設業界に転職を果たした元美容師さんもいます。

美容関係のサービス業

美容師の強みや、これまでの経験、美容師資格を活かした転職を目指すなら美容関係のサービス業も狙い目です。

例えば

  • アイリスト
  • ディーラー
  • ウィッグ
  • 育毛サロン

などです。

美容師アシスタント・スタイリストで違う転職事情

美容師アシスタントをすぐ離職したような場合「経験が浅くても活力ある人材が欲しい」という企業に転職しやすいです。

こういう層を「第二新卒」と呼びます。

第二新卒を求める企業に効率的にアプローチすることが転職を短期間で成功させる鍵になります。

美容師アシスタントの職歴が長ければこれまで培った能力を活かせる分野への転職が可能です。

つまり職歴によって使うべき転職サイトは異なってきます。

職歴別にどんな転職サイトを選ぶべきかまとめました。

【美容師から転職で正社員を目指す】おすすめ求人サイト&エージェント厳選7社

転職サイトには「求人検索サイト・転職エージェント」と2種類あります。

美容師を辞めるか迷っている場合「転職求人サイト」が最適です。

ハローワークインターネットサービスやリクナビNEXTなどが該当します。

既に辞めることが決まっており(すでに辞めていて)今すぐ正社員の転職先を探したい場合は「転職エージェント」が最適です。

転職エージェントは書類選考無しで人物重視で面接してくれる企業を紹介してくれます。

どちらのサービスも求職者は無料で利用できます。

美容師アシスタントから転職する場合と、スタイリストから転職する場合では使うべき転職サイトは異なります。

どんなサービスが適しているか詳細はこちらの記事にまとめています。

美容師の転職理由

退職する場合多くが「後ろ向き」になります。

「労働環境がブラックだから」「給料が安いから」「パワハラが辛いから」など。

ですがこれは「退職理由」であって「転職理由」にしてはいけません。

転職理由は「前向きなストーリー」である必要があります。

目標を達成するため・よりキャリアアップするために転職するんだ!というストリートを作りましょう。

具体的な転職理由の作り方はこちらに詳細にまとめています。

【これが正解!】美容師の転職理由【ポイントは前向きさ&NGは悪口】

【これが正解!】美容師の転職理由【ポイントは前向きさ&NGは悪口】

2021年8月31日

美容師から転職する際の履歴書作成法

履歴書にはJIS規格とその他に分けられますが指定されない限り種類について神経質になる必要はありません。

それよりも中身が大事です。

一般常識を疑われないよう最低限抑えるべきポイントをまとめました。

【美容師から転職】履歴書の書き方解説

美容師からの転職理由&注意点

今のサロンの待遇が気に入らないから「美容師を辞めないが他サロンに転職したい」人もいれば「美容師を辞めて異業種に転職したい」人もいます。

どちらにしろ転職理由で大切なのは「後ろ向きな退職理由」ではなく「前向きな転職理由」です。

前職の悪口を転職理由にしてはいけません。

キャリアップするために転職するという前向きな姿勢を伝えることが大事です。

転職先を選ぶ際の注意点は「不満」を解消できる転職かをよく把握することです。

福利厚生への不満があるのに「小規模美容室」に転職しても意味ががありません。

面貸しや業務委託も収入が不安定な側面があるので注意が必要です。

【元美容師に聞いた!】美容師からの転職理由【NGは悪口&ポイントは前向きさ】

美容師から転職する際の職歴別アドバイス

3ヶ月未満で辞めた場合

例えば多いのが手荒れです。

手荒れで辞めても転職を果たしている方はいるので問題ないですね。

ただしどなたも当たり前ですが「言い訳していません」。

3ヶ月で辞めた事実はどうしようもないことなので事実を素直に認めた上でどう頑張れるかをアピールすることが大事です。

1年以上勤めていた場合

厳しい環境下で投げ出さず続けてきたことはPRできそうです。

逃げ出したという印象を与えないように

  • 仕事から得たこと
  • 前向きな転職であること

このあたりを上手に伝えることが大事です。