40歳から美容師は可能ですか?美容室オーナーが現実を教えます!

こんにちはワンオペ美容室を経営している美容師おりくまです。

今回は40歳から美容師は可能か?について考察してみます。

結論から言うと「一部を除きやめとけ」とアドバイスします。

40歳から美容師目指すのは厳しい!ギリいける条件を美容室オーナーが考察

40歳から美容師を目指しても就職先が無い

以前【美容師に定年無しは嘘?】30歳~40歳で辞める人続出の訳で取り上げたように「被雇用者として働ている美容師の年齢構成」を以下に引用します。

平成17年 厚生労働省美容業の 結果の概要 常時雇用者の性別年齢より引用

常用雇用者(=以下美容師)とは正社員として雇用されている美容師のことです。(経営者は除く)

40歳から美容師を目指す場合「通信制」で目指すことになると思います。

【通信制で美容師免許取得】主婦でも可能【実体験に基づき解説】

2020年7月26日

その場合被雇用者として美容室に就職しなければいけません。

しかし上記のように常用雇用者の割合は

  • 男性美容師:40代の割合は5.8%
  • 女性美容師:40代の割合は12.5%

と極めて少ないです。

しかも経験者が多いと考えらえるため未経験者の場合もっとハードルが高いと考えれます。

まずこの点から40歳から美容師を目指すのは難しいと考えれます。

40歳から美容師を目指してもスタイリストになれるのは早くて3年先

美容免許取得=スタートラインに過ぎない

美容師免許を取得したらすぐに一人前になれる訳ではありません。

美容師国家試験は「資格に受かるための技術」しか学べないためです。

例えばカットで言えば「レイヤー」というスタイルを切れるようになれるだけです。

実際のカットは「レイヤー」「スクウェア」「グラデーション」という3つの段構成を組み合わせて作られています。

レイヤー以外のスタイルは美容室に就職した後サロンで学ぶことになります。

カット以外にもシャンプーやカラー・パーマなどの技術習得が必要です。

これらのスタイリストに必要な技術を習得するのに新卒美容師でも2年~3年ほどかかります。

美容師免許を取得するまで最低3年

社会人から美容師をめざす場合「通信制」で取得するケースが多いです。この場合まずは就職先を確保する必要があります。(働きながら一定期間スクーリングに通う)

採用されても「通信制」で美容師免許を取得する場合3年間かかります。

※具体的な流れは【通信制で美容師免許取得】主婦でも可能【実体験に基づき解説】

就職先の美容室が美容師国家試験に加えてスタイリストデビューに必要な技術を同時に指導してくれれば最短で3年で免許取得と同時にスタイリストデビューが可能です。

また美容業界は他業界に比べて年収も低い傾向があります。独立開業を目指さないと収入面でも不満を感じる可能性があるので現実を知った上で決断しましょう。詳しくは【美容師やめとけ】現役美容室オーナーの本音暴露

40歳から美容師を目指してもギリいける条件

「親の美容室を継ぐ」前提なら40歳から美容師もありでしょう。

  1. 就職先が確保できる
  2. 技術習得の融通が利く
  3. 収入面は頑張り次第で上げられる

これらが理由です。

40歳からの美容室への転職は厳しいものの親の美容室を継ぐ場合就職先が確保できます。

また他の美容室に就職するのと違い技術習得の融通が利きます。美容師国家試験合格後にすぐスタイリストデビューも可能でしょう。

収入面はオーナーになることで被雇用者よりは有利になります。

頑張りによっては収入を増やすことも不可能ではありませんので挑戦する価値はあります。

まとめ:40歳から美容師挑戦は無謀だが親の基盤を引く継ぐなら検討の余地あり

40歳から美容師を目指そうか悩んでいる方にとっては厳しい現実をお伝えしました。

夢も希望も無くて申し訳ありませんが美容師の離職率をご存じでしょうか。

10年で92%です。

これだけの美容師が離職するほど厳しい世界です。

現実をよく見極めてあなたにとってベストな選択をしてください。

もし挑戦するなら頑張ってください!

ABOUTこの記事をかいた人

【美容師・管理美容師】 美容師歴は10年以上。ワンオペ美容室を経営。美容師になる前は就職支援業務の企画営業・運営経験あり。 【ブログのコンセプト】 ☆美容師がより豊かになるために役立つ情報を発信すること ☆出来る限り正しい情報を発信しあなたがより美しくなるための道しるべとなること ブログを通しより豊かになるお手伝いができれば幸いです。