【美容師の退職理由】円満退職と転職成功の秘訣【現役美容室オーナーがアドバイス】

こんにちは美容師おりくまです。

今回は美容師を辞めようか迷っているあなたのために「辞めてから後悔しないために必要な情報」をまとめました。

美容師のみんなはどんな壁に悩んで辞めるのか?

そのあたりから見ていきましょう。

美容師の退職理由

皆さん肌で感じているように美容師の離職率はとても高いです。10年以内で離職率は92%。

厚生労働省のデータによると、美容師の離職率は1年で50%、3年で80%、10年で92%と言われています。高い離職率の原因として、①給料が安い ②長時間労働 ③休日が少ない ④人間関係のストレス ⑤キャリアアップに時間がかかると、いった美容業界の問題点が挙げられます。

離職率が3年で80%以上と言われる美容業界で、7%未満を実現している美容サロンの働き方改革とは!?より引用

美容師専門学校に18歳で入学し20歳で就職するのが一般的ですよね。

美容師スタイリストになるまでにかかる期間はサロンによってまちまちですが平均2年~3年かかるでしょう。

このことから以下のことが分かります。

美容師を辞める年齢とキャリア
  • 20歳前後で50%の美容師が辞めている(美容師アシスタント1年目~2年目)
  • 23歳前後で80%が美容師を辞めている(美容師アシスタント3年目~スタイリストデビュー1年目)
  • 30歳前後で92%が美容師を辞めている(美容師スタイリスト7年目)

このように年齢・キャリアによって辞める率はどんどん高まっていきます。

またアシスタント・スタイリストで辞める理由は異なります。

年齢・キャリア別に辞める理由を見ていきましょう。

【アシスタント1年目~2年目(20歳前後)】50%の美容師が退職する理由

掃除や雑用ばかりで辛い

アシスタント1年目の仕事は掃除や雑用が中心です。美容師らしい仕事は与えられません。美容師に強い憧れを持って入社した人ほどこんなはずじゃなかったと理想と現実とのギャップに耐えられず美容師を辞めていきます。

上司や同僚との人間関係がうまくいかない

美容業界は先輩から全ての技術を学ぶため上下関係が厳しい世界です。

上司との関係が悪化するとパワハラに悩んだり、自分だけ技術を教えてもらえない等悪質ないじめに遭うことも。人間関係は仕事をしていく上で重要な要素なのでストレスを感じ辞めたくなります。

労働時間が長く不規則

美容師は決まった時間にお昼休みをとれなかったり、早朝や営業終了後にカットやカラー等の技術練習が不可欠です。

そのため長時間労働となり体調を崩しやすいです。体力が続かず辞めたくなります。

休日が少ない

美容師は休日が少ないです。

美容室の定休日(月曜日)のみが休日という美容室もあります。

定休日が多い美容室でも美容師の休日は月6日程度。

美容師向けの講習会は月曜日に行われるため休日も半強制的に仕事となることも。

土日に休める美容室は少ないため恋人・友人と休日が合わないことに不満を持ち辞める人も。

腰痛・手荒れ

カラー剤やパーマ液を日常的に扱うことで手が荒れる美容師もいます。悪化してくるとシャンプー剤やお湯に触れるだけでもかぶれるため仕事の継続が困難になります。

腰痛は1年目に発症する美容師アシスタントが多く、経験を積むことで緩和されることもあります。中にはヘルニアなど腰痛が深刻化することで美容師を引退する人もいます。

美容師に向いていないのではないかと適性に悩む

技術習得が思い通りにいかなかったり会話が上手にできないなど仕事上で悩むことが増えると、美容師に向いていないのではないかと悩み辞めたくなります。

下積み期間が長すぎて辛い

美容師アシスタントからスタイリストになるまで平均2年~3年かかります。

労働環境や人間関係に不満を抱えながら長期間耐えなければいけないため、年々美容師の離職率も高くなります。

3年目で80%の美容師が辞めていることから分かるように、アシスタントからスタイリストへのキャリアアップには大きなハードルがありそこで挫折する美容師も多いです。

美容師アシスタント3年目~スタイリストデビュー1年目(23歳前後)80%の美容師が退職する理由

クレームを受けてしまった

アシスタント3年目~スタイリストデビュー1年目になると任せられる仕事が増えやりがいを感じる一方で、責任も重くなります。

また美容師スタイリスト1年目は経験が圧倒的に不足しています。経験不足からカウンセリングを不十分にできなかったり技術が伴わないことでクレームを受ける美容師もいます。

クレームによる精神的なストレスから美容師を辞めたくなります。

入客が怖い

スタイリストになるとカットができるようになります。カットはカラーリング等と違い切ったものは元に戻せないため慎重だったり真面目な美容師ほど入客が怖くなります。

一度クレームを受けた場合等はよりプレッシャーを感じ辞める美容師もいます。

指名が増えなくて辞めたい

入客に慣れても思うように指名数が増えないことで自信を無くしたりプレッシャーを感じる時期です。

指名数は給与に直結するため指名が増えないことで将来に不安を感じ転職を意識する美容師も増えます。

忙し過ぎて辞めたい

仕事が軌道に乗ったら乗ったで忙しさに忙殺されます。労働力に見合った給与がもらえなかったり休憩時間もままならなかったりすることで不満がつのりやがて美容師を辞めたくなります。

美容師スタイリスト7年目(30歳前後)92%の美容師が退職する理由

給与が安く将来が不安

美容師が好きで長年続けて来たとしても男性美容師は30歳、女性美容師は40歳頃に仕事を離れる傾向があります。

その理由の一つが給料の安さです。

美容師の年収のデータをご覧ください。

「令和元年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)によると、美容師の平均月収は、男性で29万4000円、年間ボーナスなどは5万2800円。女性の場合、平均月収は23万8000円、年間ボーナスが5万1700円という結果でした。収入の男女差は、男性のほうが高いものの、統計データにおける平均年齢が、男性のほうが女性より2.1歳高いことも関係しているでしょう。日本の給与所得者の平均給与は年441万円であるため、美容師の給与は決して恵まれているとは言えませんが、自身の月の売り上げに対してのインセンティブや自分のお店をもち経営者になることまで考えるのであれば生涯年収は高くなる見込みもあります。

スタディサプリ美容師の?気になる年収・給料・収入より引用

このデータから分かるように日本の給与所得者の平均給与が年441万円なのに対し男性美容師の平均年収は単純計算で353万弱(294000×12)なのでボーナスを含めても相対的に低いことは明らかです。

次に結婚年齢い近い30代前半の別のデータを見てみましょう。

美容以外の他業種を含めた全業種の平均年収

年収比較 全業種(前期/後期)美容師
30代前半の数値男性461万円/517万円317万円
30代前半の数値女性315万円/313万円284万円

 

全業種は平成29年の国税庁「民間給与実態統計調査」

美容師は平成29年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

より抜粋

このように30代前半でも他業界より相対的に給与が低い上に、社会保険が完備されていない会社も多く給与が原因で退職を悩む人は多いです。

アシスタントからスタイリストにキャリアアップを遂げても30歳で美容師を辞める人が92%に及ぶのは将来不安から転職を選ぶ人が多いからです。

美容師を退職する前に一度振り返ってみよう

美容室を変えることで問題が解決しないか考えてみよう

人間関係に不満があるなら美容室を変えることで解決可能かも知れません。

一方で「給与が安い・土日のお休みが少ない」という不満は業界特有の問題なので美容師でいる限り解決が難しいです。

美容師を辞めるべきか続けるべきかの判断基準
  1. 美容師が好きかどうか
  2. 美容師としての将来像を描けるか
  3. 身体的苦痛が原因か
  4. 他にやりたいことがあるか

美容師が好きでも将来像を描けない(例えば結婚して家庭を持ちたいけど実現可能性が少ないと感じる)なら転職を検討すべきでしょう。

身体的苦痛があるケースもやむを得ないのと、転職理由で理解を得やすいので転職を検討しても良いケースです。

美容師辞めてよかった!と後悔しないための4つのチェックポイントを参考に今一度考えてみましょう。

美容師を辞めて解決するか考えてみる

美容師を辞めたところで根本的に解決できない問題もあります。

  • クレームを受けて辞めたい
  • ミスをして辞めたい
  • 仕事にやりがいを見いだせない

クレームを受けることは辛いことです。しかしどんな仕事でもクレームは起こりえます。

クレームへの対処法を今学ばなければ転職した先でも同じ目に遭うかもしれません。

美容師を辞めることが悪いことではありません。

しかし今後のあなたのために、いまいちど乗り越えられないか考えてみるのも良いでしょう。

美容師アシスタントを辞めたい時の乗り越え方

人間関係はどんな仕事にもつきものであり美容師を辞めても解決するのはなかなか難しい問題です。

むしろ人とのかかわり方を見直すことが大事な場合も。

どんな仕事も楽しいこともあれば辛いこともあるためある程度割り切ることも必要です。

スタイリストになるまで3年かかりますが、目標が高すぎると息切れするので短期的な目標をクリアすることに目を向けると頑張れることもあります。

※もう少し頑張ろうか悩んでいるあなたは美容師アシスタントが辛くて辞めたい!乗り越え方&辞める前の注意点

美容師スタイリスト辞めたい時の乗り越え方

クレームを受けるのは辛いです。ですがクレームはカウンセリングで回避が可能です。

お客様と仕上がりを共有することが大事です。リスクをあらかじめ説明することでトラブルを防ぎましょう。

指名が増えない場合「技術以外」の点に目を向けてみましょう。

お客様に直接聞いてみるのもおすすめです。どんな点を良いと感じて指名下さっているでしょうか?と聞いても良いんですよ。

入客が怖い場合は「完璧主義」の可能性があります。完璧にこなすのは無理だと割り切ることが必要です。私も同じことで悩みました。

※まだ美容師スタイリストに未練がある・辞めるか迷っている場合は美容師スタイリストを辞めたい時の乗り越え方と辞める前の注意点へ。より詳しくアドバイスしています。

円満に美容師を退職する方法

美容師を辞めたい場合法律でどう定義されているか把握しておきましょう。

民法627条に以下のような規定が定められてています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

WIKIBOOKS より

このように○年○月までという期間を定めていない雇用契約の場合2週間前までに退職を申し入れれば辞めることが可能です。

美容学校を卒業後美容室に就職した場合ほとんどが期間の定めの無い契約です。(いわゆる正社員)

美容師を円満に退職するタイミングと上手な伝え方

法的には2週間前までとありますが、円満退職するには余裕をもって最低でも1か月前には伝えましょう。

ただし理想的なのは3か月前~6か月前。

次のスタッフを採用するまでの期間やお客様の来店周期から考慮するとこのくらいが理想的です。

ただし遠慮しすぎることはNGです。

あなたの精神・心理的状況で許容できる範囲で譲歩すればよいのです。

退職理由を伝える際の大事なポイントは

  • 会社の悪口にならない退職理由であること
  • 期限を切ること
  • きっぱりと言い切ること

です。

基本的には正直に話すのが一番ですが会社の悪口になるような退職理由は避けましょう。

また人で不足で辞めたいのに辞めらないケースも多々あるので「期限を切る」「きっぱり言い切ること」も必要です。

上手な退職理由の伝え方は【美容師を辞める】引き止められない退職理由と上手な伝え方でより詳細に解説しています。

退職したいけど言えない場合は美容師辞めたいけど言えない【美容院経営者が教える上手な伝え方】を参考にしてください。

引継ぎは丁寧にじっくり時間をかける

顧客関係

円満退職のために引継ぎはもっとも重要な要素です。

カルテを丁寧に記載することはもちろん、記入しきれない

  • 家族構成
  • 趣味・嗜好

なども引き継ぐとより親切です。

長年担当しているとその方の趣味や嗜好が分かってくるものですよね。ラーメン巡りが好き、旅行が好き、お子様は小学生、こんな情報を共有してあげるだけで引き継ぐ方はありがたいですからね。

また当然ですが「アレルギー」や「過去のトラブル」などは絶対忘れず引き継ぎましょう。

業務関係

業務関係の引継ぎは数か月間共同して行うのがベストでしょう。

実際指導しながら仕事をやらせてみてチェックすることでミスを防ぎましょう。

美容師から転職を成功させるために必要なこと

美容師を辞める前に転職活動を始める

美容師を辞める時大事なのは辞めた後のことを考えることです。

  1. 目標を明確にする
  2. 目標達成のためのキャリアプランを検討する(リサーチする)
  3. 辞めてから再就職までのスピードはスピーディーに

美容師を辞めた後の目標を明確化

まずは将来の目標を明確にします。

例えば異業種に進むならどんな業界・職種につきたいかを検討します。

キャリアプランを検討しリサーチする

目標を明確にしたら実現するために必要なことをリサーチします。

  • 例えば未経験でも求人は実際あるのか
  • 持っておくと有利な資格はないか

実際に求人を検索してみたり希望する職種に求められるものを把握します。

例えば美容師から事務職へ転職を成功させるポイント

  1. 美容師で培ってきた職務能力をアピールすること
  2. 事務能力を客観的に証明すること

です。

それには資格取得するなどが有効です。

転職期間の長期化は不利

仕事を辞めてから次の職を探すべきか、それとも働きながら転職先を探すべきか?

有利なのは圧倒的に「働きながら転職先を探すこと」です。

転職期間が長期化すること=無職の期間が長期化することです。

なぜなら「無職の期間何をしていたかを面接時に説明しなければならない(理由がないと印象が悪い)」

からです。

  • 資格取得のため勉強をしていた
  • 職業訓練を受けていた

等理由があれば説得できますが、資格勉強は働きながら出来るため、説得力に乏しいです。

もし辞めてから仕事を探す場合転職のために努力していた証拠(キャリアアップのための行動)を示すことが大切です。

美容師を辞めてから転職に成功するまでの期間(=無職の期間)が長期化するほど再就職が困難になります。

説得力のある返答ができれば問題ありませんが、転職先は働きながら探すのが最善な選択です。

そこで美容師はどんな業界に転職できるのかアンケートを紹介しましょう。

どんな業界&職種に転職できる?元美容師57名の転職先の実例

美容師はどんな業界や職種に転職できるのかアンケート調査しました。

男性美容師が転職した業界職種ランキング

業界編

  • 1位 電子・電気機器
  • 2位 建設・住宅・インテリア
  • 3位 教育
  • 3位 サービス

職種編

  • 1位 技術系職種
  • 2位 事務管理系職種
  • 3位 営業職系職種
女性美容師が転職した業界職種ランキング

業界編

  • 1位 サービス
  • 2位 医療福祉
  • 3位 不動産
  • 4位 百貨店・スーパー・専門店
  • 4位 損保・生保

職種編

  • 1位 事務管理系職種
  • 2位 販売サービス系職種
  • 3位 営業職
  • 3位 クリエイティブ
  • 3位 IT
  • 3位 専門職

美容師の技術や資格そのものを活かし転職した人や、接客力・コミュニケーション力などを活かし転職した人、新たな分野(IT系や医療系)に再度資格を取得し転職した元美容師もいました。

アンケートのより詳細なデーターや具体的な転職先等は【美容師から転職したい】元美容師が選んだ業界&職種ランキングで解説しています。

美容師からの転職理由&注意点

今のサロンの待遇が気に入らないから「美容師を辞めないが他サロンに転職したい」人もいれば「美容師を辞めて異業種に転職したい」人もいます。

どちらにしろ転職理由で大切なのは「後ろ向きな退職理由」ではなく「前向きな転職理由」です。

前職の悪口を転職理由にしてはいけません。

キャリアップするために転職するという前向きな姿勢を伝えることが大事です。

転職先を選ぶ際の注意点は「不満」を解消できる転職かをよく把握することです。

福利厚生への不満があるのに「小規模美容室」に転職しても意味ががありません。

面貸しや業務委託も収入が不安定な側面があるので注意が必要です。

【元美容師に聞いた!】美容師からの転職理由【NGは悪口&ポイントは前向きさ】

美容師から転職する際の履歴書作成法

履歴書にはJIS規格とその他に分けられますが指定されない限り種類について神経質になる必要はありません。

それよりも中身が大事です。

一般常識を疑われないよう最低限抑えるべきポイントをまとめました。

【美容師から転職】履歴書の書き方解説

美容師から転職する際の職務経歴書作成法

職務経歴書のフォーマットは自由なので自作して構いません。美容師から転職する場合は履歴書と同様の編年体式で問題ありません。

中身ですが

  1. 職務概要
  2. 職務経歴
  3. 活かせる経験・知識・技術
  4. 資格
  5. 自己PR

で構成します。

それぞれの具体的な記入例は美容師から転職する時の職務経歴書の書き方&考え方で解説しています。

美容師から転職する際の自己PR&志望動機

美容師が転職でアピールできる強みは6つあります。

美容師のアピールポイント
  • 接客力
  • コミュニケーションスキル
  • 忍耐力
  • 思考・提案力
  • 器用さ
  • 専門知識&技術

これらを志望する職種に合わせてアレンジしましょう。

どのようにPRすればよいか分からない場合【美容師から転職したい】自己PR&志望動機の作り方【元美容師8人の実例あり】をご覧ください。

職種別の自己PRの作り方や元美容師の実例なども紹介しています。

美容師免許が活かせる「美容師以外」の仕事は3つあり

美容師の仕事は嫌だけど美容師免許は活かしたいという方もいると思います。

美容師以外の仕事で美容師免許が必須なのは

  1. アイリスト
  2. 美容師専門学校職員
  3. 育毛アドバイザー

などです。

美容師免許が必須ではないものの美容師の経験を活かせるという意味では

  1. 美容部員
  2. メイクアップアーティスト
  3. ウィックアドバイザー

なども考えられます。どんな仕事なのか知りたい方は【美容師免許】美容師以外に活かせる仕事は3つあり!

【美容師から転職で正社員を目指す】おすすめ求人サイト&エージェント厳選7社

美容師アシスタントをすぐ離職したような場合(おおむね新卒入社後3年未満に辞めた場合)「経験が浅くても活力ある人材が欲しい」という企業に転職しやすいです。

こういう層を「第二新卒者」と呼びます。

第二新卒を求める企業に効率的にアプローチすれば転職を短期間で成功させることができます。

第二新卒者で美容師以外の仕事に正社員で転職したいなら転職エージェントを利用するのが一番の近道です。

転職エージェントは「カウンセラーと面談の上転職先を紹介してもらう」サービスで書類選考無し・面接のみの選考というケースも多いです。

職歴が短く自信が無い場合特におすすめです。

ある程度職歴があるなら細かい条件を指定して求人を検索するのも良いでしょう。

営業・事務など未経験者歓迎の求人数が豊富で、大手~中堅企業の好条件の求人も掲載されている「リクナビNEXT」が一番使えます。

求人サイトもエージェントも求職者は無料で利用できます。

【美容師から転職で正社員を目指す】おすすめ求人サイト&エージェント厳選7社では実際利用した人の口コミ等をまとめています。

ABOUTこの記事をかいた人

【美容師・管理美容師】 美容師歴は10年以上。ワンオペ美容室を経営。美容師になる前は就職支援業務の企画営業・運営経験あり。 【ブログのコンセプト】 ☆美容師がより豊かになるために役立つ情報を発信すること ☆出来る限り正しい情報を発信しあなたがより美しくなるための道しるべとなること ブログを通しより豊かになるお手伝いができれば幸いです。