【美容師監修】ルプルプは染まらない?染まりにくい髪質はあるの?用法・容量を守れば大概染まる

こんにちは小さな美容院を経営している美容師アベです。

当ブログで以前紹介したルプルプですが「染まらない」という口コミも見かけます。

ルプルプが染まらない原因は一体何でしょうか。

実際使って分かった染まり具合と染まりにくい髪質に考えられる傾向と対策をまとめました。

【美容師監修】ルプルプは染まらない?染まりにくい髪質はあるの?用法・容量を守れば大概染まる

ルプルプは染まらないのか?実際利用して感じた染まり具合

以前レビューした通りルプルプは使用方法を守ればしっかり染まります。

【口コミ】白髪染めのルプルプってどうなの?使ってみた感想を写真付きで紹介します



ビフォーアフターで見てお分かりのようにしっかり白髪が染まっていますよね。

なぜルプルプはしっかり染まるのかそのメカニズムを簡単に解説します。

ルプルプがしっかり染まるメカニズム

ルプルプは微アルカリタイプのカラートリートメントです。

アベ
髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが膨らみます。その隙間から内部に色を付けやすいので「アルカリ性のカラーほどよく染まる」性質があります。デメリットは同時に髪の毛の負担も増えることです。

アルカリ性が強くなると髪の毛の負担が大きくなるので「微」アルカリに調整しているのがルプルプの特徴です。

他のカラートリートメントより染まりやすいカラートリートメントと言えると思いますよ。

ではなぜ染まらないというレビューがあるのか。

考えられる原因は4つ。

それぞれ改善策を含めてまとめました。

ルプルプが染まらない時の原因と対策

健康毛は染まりにくい

以前髪が痛まない白髪染め【美髪重視⇒カラートリートメントを選ぶ理由】この記事で紹介した通りカラートリートメントには「塩基性染料・HC染料」というものが使われています。

これらの染料の特徴は「痛んでいる髪の毛程よく染まる」ということです。

逆に言うと健康な髪の毛程染まりにくいということです。

ただしカラートリートメントの中でも「微アルカリ」であるルプルプは染まりやすい部類に入るのは間違いないでしょう。

アベ
もし健康毛で痛まない白髪染めをお探しならカラートリートメントより「ヘアマニキュア」の方が染まりやすいはずです。

放置時間が短すぎて染まらない

ルプルプは通常10分で染まるとされています。

しかし髪質によっては10分では染まらないケースが考えられます。

例えば水をはじくような髪質や、髪の毛が固い場合です。

ルプルプは微アルカリによってキューティクルを少しだけ開き、低ダメージでしっかり染めることを狙った商品です。

ところが「固くて水をはじくような髪質」の場合髪の毛のキューティクルが開きづらいため浸透しずらくなります。

そこで公式サイトで推奨しているように利用開始後最低3日間は連続して使用することが大事です。

アベ
髪の毛が固かったり水をはじくような傾向がある場合は放置時間を20~30分に伸ばしてみましょう

塗布量が少なくて染まらない

我々美容師も白髪が染まりにくい髪質の方ほど「白髪を埋めるように」カラー剤を塗布します。

ルプルプを購入するとこんな手引きがついてきます。


最初の3日は連続で使わなくちゃいけないしできるだけ節約したいという衝動にかられますよね。

ですがしっかり染めるには塗布量はとても大事です。

アベ
塗布量はケチらずに購入の手引き通りに思いっきって使いましょう

髪の毛にしっかりなじまず染まらない

髪の毛は細い方だし、放置時間も塗布量もしっかりやっているのに染まらない。

そんな場合は染め方に問題があるのかも知れません。

しっかりルプルプを塗布したつもりでも、実は白髪を取り囲むようにしっかりルプルプがなじんでいない可能性があります。

100均で売っているコームで構いませんのでコームで白髪一本一本にからむように馴染ませてみましょう。

アベ
手の平にルプルプを取り出したらコームにこすりつけて、髪の毛になじませてもOKです。

実際ルプルプを使ってみましたがしっかり染まる良い商品です。

ただしい用法・容量を守って使えばいつでも美しい髪色を維持できる優れものです。

公式サイトでは返金保証制度もあるので万が一髪質が原因で染まらないという場合も安心ですよね。

\ 定期購入不要&10日間の返金保証付き/

カテゴリー

ABOUTこの記事をかいた人

【美容師・管理美容師】 美容師歴は10年以上。ワンオペ美容室を経営。美容師になる前は就職支援業務の企画営業・運営経験あり。 【ブログのコンセプト】 ☆美容師がより豊かになるために役立つ情報を発信すること ☆出来る限り正しい情報を発信しあなたがより美しくなるための道しるべとなること ブログを通しより豊かになるお手伝いができれば幸いです。