失敗が原因で美容師辞めたいです【乗り越え方と活かし方】

こんにちは阿部です。

美容師、特にアシスタント時代は色々な失敗をして辞めたくなることもあるでしょう。

ですが美容師は誰もが通る道です。

私は今オーナー美容師として1店舗を経営していますがアシスタント時代にはたくさん失敗しました。

今回は失敗談を紹介しながら、どうやって失敗を減らしていくかコツを紹介しましょう。

失敗が原因で美容師辞めたいです【乗り越え方と活かし方】

美容師アシスタントにありがち!私の失敗談

私が美容師アシスタント時代に起こした失敗談をまとめましょう。

美容師アシスタント時代の失敗談
  1. シャンプーで襟足を濡らす(何回やったか分かりません)
  2. カラー後のお流しが不十分でカラーが残ってしまう
  3. シャンプー後のお流しで「顔周りと耳後ろ」がスッキリしないと毎回指摘される(毎回特定のお客さん)
  4. シャンプーに時間がかかりすぎて先輩に怒られる
  5. シャンプーヘッド宙を舞う(お湯ビシャー)
  6. ヘアマニキュアを頭皮にめっちゃつけてしまう
  7. お洒落染めの手順を間違える
  8. カラー剤を間違って調合しゴミ箱行きにする(気づいただけまし)
  9. ダッカールがひっかかり髪を抜く
  10. ドライヤーをお客様の頭に連続で2度ぶつける(わざとやったと思われたに違いない)

もう美容師歴10年以上ですが印象深いミスは今でも忘れないものですね。

あなたが今「クレーム」や「ミス」で落ち込んでいるのは「ミスと向き合っている」証拠です。

世の中色々な人がいます。

ミスなんてもろともせず何事もなかったかのように仕事を続ける人。

一方であなたのようにミスやクレームに落ち込み悩む人。

どちらが美容師に向いていると思いますか?

断然後者だと私は思います。

「反省」することは成長への第一歩だからです。

大事なのはミスやクレームを次にどう活かすか、同じミスを二度繰り返さないことです。

失敗を回避する方法

ミスが少ない出来る同僚もいるでしょう。

何で私ばかりと落ち込むこともあるでしょう。

でもそれはしようがありません。

物覚えが良い人もいれば悪い人もいます。

物覚えが悪いことが問題なのではありません。

問題なのは「自分自身を理解して対処していないこと」が問題なんです。

自分をしっかりと理解してミスをしないルールを自分で作りましょう。

あなたはどんな時にミスをしやすいですか?

忙しくないとミスはしないのに忙しくなるとテンパってミスをしてしまいます。

一度怒られるとドキドキして余計ミスを重ねてしまいます・・・。

それぞれの対処例を考えて見ましょう。

忙しくなると失敗する人向けのアドバイス

私もアシスタント時代カラー剤を間違い危うく違う色で染めそうになったことがありました。

お店が忙しい場合や混んでいる場合お客様をお待たせしないように急ぐあまりミスを起こすこともあるでしょう。

そこで私は「指差し確認を自分でルール化」しました。

カルテとカラー剤を見ながら「ヨシッ」と確認するんです。

その後お薬でミスすることはなくなりました。

ミスは誰にでも起きることです。

ミスをした過去は取り消せません。

あなたなりの「対処法」や「ルール」を作って同じミスを繰り返さないようにすることが大切です。

怒られると余計にミスを重ねる人向けのアドバイス

怒られるときっとあなたの頭の中は

  • 「またミスをしたらどうしよう」
  • 「気をつけないといけない」
  • 「もう怒られるのは怖い嫌だ」

思考が止まらない状態に陥っていることでしょう。

しくじり行為という言葉があります。

これは「潜在意識(あなたが意識していない意識のこと)」が行動に現れることを言います。

例えば「失敗したくない・・・失敗したく無い・・・」と潜在意識「失敗」を意識するあまりに実際に「失敗してしまう」こんな状態を言います。

失敗したくないことを意識するあまり「失敗」に意識が集中してしまっている状態です。

そこでおすすめなのが「今」に意識を集中することです。

先ほどあげた「またミスをしたらどうしよう」「気をつけないといけない」「もう怒られるのは怖い嫌だ」という感情は未来のまだ起きていないことへの不安です。

あなたがこれから怒られるかどうかなんて誰にも分かりません。

未来はニュートラルです。

ですから起きていないことを頭の中で膨らませ悩むのは時間の無駄です。

そんな時は「今この瞬間」に意識を集中しましょう。

そして「今この瞬間」に何ができるかだけを考えてみましょう。

 

失敗はあらかじめ対処しておくことで減らすことが可能です。

人間である以上失敗はつきものです。

大事なのは失敗をどう次に活かすです。

 

どうしても美容師はもう無理という場合はコチラの記事も参考になります。

【注意】美容師辞めたい⇒即退職はリスク大!辞めたい理由別アドバイス10選

美容師辞めたいけど言えない【ケース別対策あり】

美容師辞めたいけど言えない【美容院経営者が教える上手な伝え方】

2020年12月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA