当ブログはサーバー維持管理費用・取材費用等捻出のためアフィリエイト広告・Googleアドセンス広告を利用しています。

美容師辞めたいとき

こうして乗り越えた!腰痛で美容師を辞める前に試してみたいこと4選

こんにちは美容師アベです。

悩んでいる女性
腰痛がもう限界です。シャンプーのたびに痛みが走って。仕事だからしようがないんだけどもう続けられそうにない

アシスタント時代は腰痛との闘いですよね。

私も同様に辛い時期がありました。

ですが、結果的に腰痛を乗り越え、負担の少ない姿勢を覚えるにつれて、腰痛にならなくなりました。

この記事では腰痛が辛い時の対策、姿勢等も含めてアドバイスしましたので最後まで読んでみて下さいね。

腰痛の原因は姿勢にあり

私もアシスタント時代腰痛には悩まされました。

1年目仕事に慣れていない時期が特に酷かったです。

私のサロンは全てサイドシャンプーです。

腰をひねるような姿勢になってしまうのでどうしても腰痛を発症しがち・・・。

しかし経験を積むに従って無理のない姿勢を体が覚えていきます。

それとともに苦痛も感じなくなるようになりました。

今は1人美容院で全てを1人でこなしていますが酷い腰痛に悩まされることもなくなりました。

美容師アベ
一日にこなす人数が少ないのもあるかも知れませんが

アシスタント時代、無理な姿勢で洗い物をしている時にぎっくり腰になったことも。

このように腰痛になる原因の多くは無理な姿勢にあります。

特にアシスタントの場合シャンプー中、腰への負担が大きいのが主たる原因でしょう。

これまでの経験をもとに腰痛に効果的な対策をまとめましたので参考にしてください。

美容師を辞める前に試してみたい腰痛対策4選

腰ベルト

腰痛が辛いとき特に効果的なのが腰ベルトです。

コルセットを使っていた時もあったのですが腹部まで圧迫されるので仕事がとてもしづらいです。

しかもコルセットはシルエットにも表れやすいのでかっこ悪いですよね。

私は整骨院に通っていたのですがそこで紹介されたのが腰ベルトです。

骨盤を固定するように巻くベルト。

これをたった一枚まくだけで嘘のように腰痛を和らげてくれます。

アシスタント時代はずーっとお世話になった商品です。

created by Rinker
秀英産業
¥3,480 (2024/06/19 10:11:07時点 Amazon調べ-詳細)

姿勢を再確認する

シャンプー中の姿勢と腰痛は密接に関係しています。

私も過去に経験していますが一生懸命シャンプーしようとすればするほど上半身が前のめりになり前傾姿勢になりがちです。

前のめりになると、上半身の重さを腰一点て支えることになるので負担が大きくなります。

まずは背筋を伸ばすことを心がけるのが大事です。

サイドシャンプーのチェックポイントは以下の通りです。

チェックポイント

  1. シャンプー台に体をピッタリとつけて体重をややシャンプー台に乗せ気味にする
  2. シャンプー台と骨盤が接触している部分の真上に重心がくるよう姿勢を伸ばす
  3. 一生懸命になっていると、上半身が前傾してお客様のお顔にかぶさるように傾きがちだから注意する

お客様の襟足をあげる時はできるだけ前傾にならず、腕と腰を伸ばして体全体で支えるよう意識するのポイントです。

肘があまり曲がらないように注意しましょう。

スタイリストはシザーケースNG

シザーケースはさほど重いものではないのですが日々の積み重ねが慢性的な腰痛を引き起こします。

シザーケースををつけたままシャンプーに入ると負担の大きさが分かります。

シザーケースは腰に回さずワゴンにおいて仕事をするだけで負担は違います。

美容師アベ
シザーケースは保健所からの指導がある通り衛生上好ましくないのでこれを気に辞めるのはありかも知れませんよ

円皮鍼(えんぴしん)

私がぎっくり腰になってどうしようも無かった時に効いたのは針治療でした。

これは個人差があるのでなんとも言えませんが即効性があるので気になる方は試してみるのもありかも知れません。

ただし美容師はお休みも少なく接骨院・整体院に通う時間が無い人もいるかも知れません。

そこで気軽に針治療を試したいなら円皮鍼(えんぴしん)と呼ばれるものがあります。

痛みはほとんど感じず「磁気テープ」のように貼ったまま3日くらいは放置できます。

シップのように匂いもしませんので、つけているのも気づかれません。

私は腰痛は最近感じないのですが肩こりが辛い時にもお世話になっています。

created by Rinker
ファロス
¥1,118 (2024/06/19 10:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

それでも美容師を辞めたいなら

これまで紹介した腰痛対策を行うことで負担が軽減されるなら良いのですが、椎間板ヘルニアと診断されたり、腰痛が辛すぎてもう続けられないという方もいるでしょう。

その場合は腰への負担が少ない異業種へ転職するのもありでしょう。

 

美容師から異業種へ転職

カテゴリー

  • この記事を書いた人

アベ

小学3年生の息子と妻をこよなく愛する中年ブロガー44歳【美容師・管理美容師】ワンオペ美容室を経営。前職はリーマン。就職支援業務の企画・運営経験あり【ブログのコンセプト】美容師がより豊かになるための情報提供&美容に関する正しい情報を発信し「素敵になる」ことのお手伝いをする。 x(旧Twitter)ではブログの更新情報や商品の使用感などを紹介します。 ブログ興味ある方は気軽にフォローして下さい!

-美容師辞めたいとき