当ブログはサーバー維持管理費用・取材費用等捻出のためアフィリエイト広告・Googleアドセンス広告を利用しています。

ブログ

【美容師が解説】美容院で緊張しない対処法5選【具体的なアドバイスあり】

こんにちは美容師アベです。

美容院で緊張するって方実は結構多いのでは?

緊張する理由はこんな点にありそうです。

美容院で緊張する理由

  • オシャレな雰囲気で圧倒される・場違いな感じがする
  • 希望を伝えるのが苦手・どう伝えれば良いか分からない
  • 異性の美容師だったらどうしようと不安
  • 会話が苦手

どうすれば緊張を和らげがれるのかまとめたので最後まで読んでみて下さいね。

【美容師が解説】美容院で緊張しない対処法4選【具体的なアドバイスあり】

美容院で緊張する理由

自信が無くて緊張する

オシャレに自信が無い、外見に自信が無い。

私なんかがオシャレな美容院にいったら美容師にどう思われるんだろうか?

そんな不安を抱えて美容院が怖い・緊張するという方がいるかも知れません。

美容師がお客様の容姿を見て考えることは「骨格・髪質・雰囲気」で「どうすれば綺麗になるか」です。

容姿が綺麗かどうかで判断している暇など無いので外見に自信が無いから緊張する必要は一切ありません。

美容院が怖いとすら感じる場合の対処法は以下記事にまとめています。

【美容院が怖い】ブスで自信が無い・・・どんな風に思われてるのかな?【美容師の本音】

続きを見る

コミュニケーションが苦手で緊張する

希望する髪型に仕上げてもらうためには必要最小限度のコミュニケーションは必要ですよね。

コミュニケーションをとるのが苦手と言う場合は美容院に行くことに緊張を覚えるかも知れません。

美容師アベ
では具体的にどうすれば緊張を和らげられるのでしょうか。具体的にアドバイスしていきましょう。

雰囲気が苦手なら近場の美容院を探してみる

おしゃれな雰囲気に緊張するなら郊外にあるような小さな美容院を探してみると良いかも知れません。

人が多くあつまる都市の美容院はスタッフも多いため緊張しやすいですよね。

家の近くにあるような小さなお店なら緊張しにくいかも知れません。

人は共通点があると緊張しにくくなりますよね。

同じ地域にある美容室ならローカルな話題で共通点がありますし、親しみやすいかも知れませんよ。

紹介で美容院に行ってみる

美容院に緊張するなら既に通っているお友達・ご家族に紹介してもらうのが良いです。

私の美容院はほとんどが紹介のお客様です。

共通の知人(紹介してくれた人)がいるというだけで緊張がやわらぐはずです。

また紹介してくれる人にどんな美容師か詳しく聞いておくことでさらに緊張をやわらげることができるでしょう。

コミュニケーションが緊張するなら希望するヘアスタイルを決めていく

美容院でオーダーするのが苦手で緊張する、会話が苦手なのに話しかけてくるから緊張するという方も多いでしょう。

オーダーが苦手で緊張するなら「写真を持参する」のが良いです。

スマホで検索すればなりたい写真がたくさんできてきますよね。

段の入り方で再現できない場合もありますから複数選んでいくと良いでしょう。

【美容院でのオーダーのコツ】困ってしまうオーダーも紹介

続きを見る

また会話が苦手なら「話したくないオーラ」を出しましょう。

例えば本を読んだり、話しかけられても会話が盛り上がらないように返答することで会話したくない人なんだなぁと美容師に思わせることができますよ。

【美容師解説】美容室で会話がめんどくさい時の対処法

続きを見る

異性を意識して緊張するなら指名してもいい

女性で男性美容師が苦手で緊張するなら来店時に「女性美容師さんにお願いしたいです」伝えればOKです。

これは良くあることなので悪いかなぁと思わなくて大丈夫ですよ。

男性で女性美容師が緊張するなら指名するのも女性同様にあり。

美容院によっては男性美容師が少ない可能性がありますから、男性美容師が務めている美容院を事前に探していくのが一番です。

また男性が行ったら嫌がられるかなぁと不安な場合は電話予約の際確かめてみても良いでしょう。

【美容師解説】美容室に行きにくい男性のお店選びをアドバイス【注意点あり】

続きを見る

緊張した時は「自覚する」ことが一番大事

実は美容師歴が10年以上の私でも初めて担当するお客様は緊張するんですよ。

そんな時どうしているか?

「緊張している自分を自覚」するんです。

「あ、俺は今緊張しているんだな、当然だ、初めてのお客様で何も知らないんだから」と緊張している自分を客観視するんです。

「ただ緊張している自分」はパニック状態です。

ところが「緊張している自分を冷静に自覚する自分」には「緊張している自分」を客観視する冷静さがありますよね。

パニックから抜け出すことができますよ。

緊張している時に行動できるパータンは主に3つあります。

緊張する時のパターン

  • 緊張で固まってしまう(パニック)
  • 緊張する場面から逃れる
  • 緊張に立ち向かう

ただ緊張している自分では「固まる」だけですからパニック状態です。

ただただ辛いだけですよね。

緊張している自分を冷静に見ることができると、どうすれば緊張を緩和できるかプランを練ることができるんです。

美容院で緊張した時に限らず、緊張している自分を冷静に自覚してみるのは緊張をほぐすコツですよ。

男性美容師に緊張しているなら、女性を指名すればいいですし、雰囲気に緊張しているならお店を変えればいいことです。

試してみてくださいね。

カテゴリー

  • この記事を書いた人

アベ

小学3年生の息子と妻をこよなく愛する中年ブロガー44歳【美容師・管理美容師】ワンオペ美容室を経営。前職はリーマン。就職支援業務の企画・運営経験あり【ブログのコンセプト】美容師がより豊かになるための情報提供&美容に関する正しい情報を発信し「素敵になる」ことのお手伝いをする。 x(旧Twitter)ではブログの更新情報や商品の使用感などを紹介します。 ブログ興味ある方は気軽にフォローして下さい!

-ブログ