【美容師厳選】薄毛の人が使いたいドライヤー3種【薄毛に大敵な習慣も】

こんにちはあべです。

今回は薄毛の人が使いたいドライヤーを紹介します。

「薄毛に大敵な習慣」も紹介しますので参考にしてください。

【美容師厳選】薄毛の人が使いたいドライヤー3種【薄毛に大敵な習慣も】

薄毛に大事なのは「ドライヤーのかけ方」より「しっかり乾かす」こと

安いドライヤーだから薄毛になるのか?答えはNOです。

確かに頭皮が熱いと感じる程の熱を当てるのは好ましくありません。

ですが一番大事なのは「半乾き」で頭皮を放置しないことです。

シャンプー&トリートメント後は必ず乾かすことが大事です。

頭皮を半乾き状態で放置すると雑菌が発生やすくなります。

頭皮に雑菌が発生すると頭皮環境の乱れにつながり薄毛を助長する可能性があるのでしっかり乾かすことが大事です。

ドライヤーが髪の毛の傷みを促進する可能性は「あり」

ドライヤーの熱が髪の毛の傷みを進行させることはあります。

髪の毛は水分を含んでいる状態だと熱に弱い特性があります。

以前以下の記事で紹介したように濡れている髪の毛は「70度を超える辺りから」傷み始めます。

髪の毛をサラサラにする方法【美容師アドバイス】

その結果髪の毛は水分を保ちにくくなりしなやかさも失われます。

ドライヤーを髪の毛に近づけすぎると髪の温度が過度に上昇し傷みが進みますので「ドライヤーと髪の毛の距離を20㎝以上離す」ことが傷めない大事なポイントです。

技術的に難しい場合は「髪の毛とドライヤーの距離をセンサーで察知して温度調整するドライヤー」を使うのも一つです。

熱くないドライヤー【汗もかかない】うねりを抑えてサラサラに仕上がる【厳選3品比較】

乾かす前のタオルドライが薄毛を助長している可能性は「あり」

髪の毛を乾かす前にタオルドライ(タオルで髪の毛や頭皮の水分を取り除くこと)していますか?

タオルドライは髪の毛を素早く乾かす上でとても大事なことです。

先ほど紹介したように髪の毛にたっぷり水分が含まれたままドライヤーを当てると乾くまで時間がかかります。

それだけ熱にさらすことになるためにタオルドライはしっかり行いましょう。

ただし「薄毛の場合」タオルドライの仕方に注意が必要です。

例えば育毛剤でせっかく生えてきたうぶ毛がタオルドライの仕方で抜けてしまうことがあるからです。

タオルドライする際は「頭皮をごしごしせずタオルで頭皮を抑えるように水分を取り除く」ことが大事です。

「髪の毛はこすらずにタオルで優しく挟み水分を取り除く」これを意識しましょう。

薄毛に有効な温度は50度~55度で10分~15分

これまで紹介した通り薄毛が気になる場合「しっかり乾かすこと」「タオルドライは優しく」がポイントでした。

もしドライヤーで頭皮ケアをしたい場合は以下の2つを基準にドライヤーを選べばよいでしょう。

薄毛に最適なドライヤーの条件
  • 「50度~55度」の温度設定があること
  • 遠赤外線効果があること

頭皮の血流を促すにはスチーマーや遠赤外線で50度~55度で10分~15分温めるのが良いとされているためです。

美容院でもヘッドスパやカラーリングの後などに温めた経験あると思います。

あれは遠赤外線です。

遠赤外線機能付きのドライヤーを使えば育毛剤を付けた後ドライヤーするだけで「育毛剤の効果」をより促進する効果が期待できます。

そこで次は遠赤外線ドライヤーを厳選して3つ紹介します。

薄毛に使いたい遠赤外線付きドライヤー厳選3種

ヴィダルサスーン遠赤外線ドライヤー

遠赤外線は一般的なドライヤーに比べ髪の内部まで効率的に熱を届けられるため低温でも短時間で髪の毛をしっかり乾かす効果があります。

ヴィダルサスーンの遠赤外線ドライヤーはスマートスイッチ機能付きで約60度のスカルプモードを搭載。

育毛剤を塗布した後頭皮をいたわりながら乾かすといった使い方ができますね。

遠赤外線は頭皮への効果はもちろんですが髪の毛の乾かしすぎも防げるので髪の毛が細く乾燥しがちな場合にも効果的です。

YA-MAN(ヤーマン) スカルプドライヤー

YA-MANスカルプドライヤーは遠赤外線効果に加えて「頭皮マッサージが同時にできる」ドライヤーです。

薄毛が気になる方の多くは育毛剤を使っていると思います。

育毛剤を頭皮になじませたらマッサージを行うのが効果的ですが、忙しいとつい省いてしまうこともありますよね。

YA-MAN(ヤーマン) スカルプドライヤーにはscalpH&scalpCモードの2種が用意されいます。

このモードを上手に使うことで育毛剤の浸透率を高めることが可能です。

公式サイトによると「育毛剤を単純に塗布した場合に比べて1.5倍浸透した」とあります。

※ミノキシジル(育毛剤)を「単純塗布した場合」と「スカルプHモード 3分 → 塗布 → スカルプCモード 3分の手順で使用した場合」の30分後を起点とした、60分経過時点でのミノキシジルの浸透

公式スカルプドライヤープロ より引用

使い方は簡単です。

ドライヤーの吹き出し口に「スカルプヘッド大」を取り付けます。

スカルプHモードにし頭皮に押し当てます。

スカルプHの遠赤外線&音波振動で頭皮の血流を促進します

乾いたらいつもの育毛剤を塗布します。

その後スカルプCモードを使って浸透を図ります。

ドライヤーの吹き出し口がマッサージャーになっているのでこれなら無理なく継続できますね。

ドライモードは60度で遠赤外線効果があるので速乾性にも優れているので短時間でドライも可能ですね。

アデランス ヘアドライヤー ヘアリプロ

アデランスへアリプロドライヤーは遠赤外線とは違ったアプローチのドライヤーです。

へアリプロが使っている技術はN-LED beamⓇと呼ばれるもの。

LEDの光の中でも波長が長い赤色LEDを用いた技術です。

大阪大学とアデランスの共同研究によると

赤色LEDは毛乳頭からの増殖因子の分泌を刺激し、毛成長のを促進していると、現時点では考えています。

髪を育てる赤色ナローバンドLED光

とあります。

増殖因子(グロースファクター)は以前こちらの記事で紹介しました。

【脱薄毛革命】40代女性が使いたい育毛剤ランキング【美容師が厳選しました】

あなたの毛母細胞の「受容体」という場所にこれら(増殖因子)が作用すると毛母細胞(毛を成長させるもと)の活性が高まり毛が元気に伸びるという仕組みです。

この記事で解説した通り髪の毛の成長を促すのが「グロースファクター(成長因子)」と呼ばれるものです。

成長因子が毛母細胞に作用することで髪の毛の成長を促します。

この赤色LEDはこの成長因子がたくさん分泌されるよう刺激する作用が期待できるとのことです。

遠赤外線は「頭皮の血流を促進する」というアプローチでした。

ヘアリプロは育毛剤の代わりにはなりませんが育毛剤と併用することで遠赤外線とは違った角度で頭皮をケアーしてくれるドライヤーです。