【美容師から事務職へ転職】成功させるポイント

こんにちはおりくまです。

今回は美容師から事務職に転職したい人向けのアドバイスです。

私は美容師になる前は学校関係の事務&営業を経験しました。

就職の難易度を含めて「事務職」に転職する時のポイントを紹介します。

【美容師から事務職】転職を成功させるポイント

事務能力はあって当たり前

事務職は人気が高い職種です。

人気が高い職業=倍率が高い職業です。

仮に事務未経験者歓迎という求人でも「職務能力に長けた応募者」がいれば厳しい競争になります。

中途で従業員を採用する企業は基本的に「即戦力」を求めていますので厳しいようですが競争で勝ち抜くためには「事務能力」はあって当たり前です。

未経験でも最低限のパソコンスキルは必須ですから美容師の仕事をしながらできることから始めましょう。

美容師から事務職への転職を有利にする資格

事務職に転職を希望するなら最低限の事務能力(パソコンスキル)を証明できる資格を取得しましょう。

事務職に転職する際有利になる資格を紹介していきます。

医療事務

医療機関の受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成業務に関する専門的知識を問う資格です。

医療事務の仕事は資格が無くても勤めることは可能です。

しかし美容師から事務職に転職する場合「未経験者」ですから「最低限の専門的知識がある」ことを証明するのに役立ちます。

資格の有無が就職に直結する訳ではありませんが医療機関で勤めたいのであれば選考でふるい落とされないためにも最低限取得しておくべきしょう。

\ 現役医療事務員が選んだ医療事務講座ランキングNO1

最短4か月で取得可能!お客様満足度90.8%の人気講座

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSはパソコンスキルを客観的に証明できる資格です。

ワード、エクセルなど希望するアプリーケーション毎に試験を受けることが可能です。

面接でパソコン操作は得意ですと伝えたところで説得力が無いですよね。

事務職に必須の「ワード」「エクセル」両方の認定を受ければ採用する側もある程度スキルを推し量れるので転職で優位に働くでしょう。

事務職に転職するには業界・企業を問わず役立つ資格です。

\ 最短1か月の速習可能! /

初心者にもわかりやすい解説

日商簿記

日商簿記は3級、2級、1級とあります。

簿記とはお金の流れを仕訳によって記録するものです。

私は日商簿記2級まで取得していますが3級は比較的容易に取得できる資格です。

簿記の紹介

簿記の基本は仕訳です。【資産の増加&費用の発生が借方(左側)】【負債の増加・収益の発生が貸方(右側)】というルールがあります。

例)3万円の売り上げを現金で受け取った場合の仕訳

現金30000/売上30000

こういった問題がたくさん出題され仕訳を記述したり帳簿を計算するような試験です。

\ オリコン顧客満足度NO1の講座 /

3か月で試験に必要な知識が習得できる!

美容師の強みをアピール

「パソコンスキル・事務処理能力」のみで採用される訳ではありません。

例えば営業事務は事務処理能力以外にも顧客とのやりとりが求められます。

一般事務でも電話応対や円滑に仕事を進められる人物かも評価されるはずです。

美容師で接客を経験してきたからこそアピールできる能力がコミュニケーション能力です。

資格で事務処理能力を研鑽していることを示しながら美容師として培ってきた能力をPRすることがポイントです。

最後に美容師から事務職に転職する際の自己PRや志望動機についてまとめましょう。

美容師から事務職に転職するための自己PRと志望動機のアピール法

以前紹介した元美容師の転職先インタビューで一般事務に転職したIさんの自己PRを紹介しましょう。

「美容師業界の知識・経験、接客を通して培ったコミュニケーション力を活かして電話対応や資料作成などの業務を速やかに習得し、事務の業務を通して貴社の成長をサポートしていきたいと考えています。」

【美容師から転職に成功】元美容師10人にインタビュー【30~40代実例あり】

ポイントは「美容師業界で培ったコミュニケーション力」を活かしてPRする点です。

自己PR&志望動機の例文や具体的な作り方はこの記事で紹介しています。

【美容師から転職】志望動機&自己PR【例文あり】

【美容師から転職】志望動機&自己PR【例文あり】

2021年8月31日

 

男女8人の転職成功事例を参考に、美容師の職務能力(強み)を発揮できる業界や職種を解説します。

【美容師から転職】男女8人の成功例から読み解くおすすめの職種&自己PR術

【美容師から転職】男女8人の成功例から読み解くおすすめの職種&自己PR術

2021年8月28日